@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハリー
Harry(Henry) the Minstrel; Blind Harry
1470~92年頃活躍のスコットランドの盲目の吟遊詩人。 18世紀にいたるまで人気のあった長編詩『ウォレス』 The Acts and Deeds of the Illustrious and Valiant Champion Sir William Wallace,Knight of Elderslieの作者とされている。これはスコットランドの愛国者 W.ウォレスの英雄的な偉業をたたえる約1万 2000行の叙事詩で,チョーサーの影響がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ハリー
北海道、札幌開拓使麦酒醸造所が製造する地ビール。「開拓使ビール」シリーズ。ヴァイツェンタイプ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハリー
サンリオのキャラクターシリーズ「パラダイス ライブス」のメインキャラクター。ハリモグラをイメージ。性別不詳。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハリー【Edmund Halley】
1656‐1743
イギリスの天文学者。I.ニュートンの友人。〈ハリーすい星〉の発見者として知られる。富裕な商人の息子としてロンドンに生まれる。オックスフォード大学(クイーンズカレッジ)で天文学に関心をもって勉強した。1678年ローヤル・ソサエティ会員となる。80年代半ば,ハリーはニュートンの《プリンキピア》執筆に関して事実上のおぜん立てをし,万有引力の法則の優先権を巡って起こったR.フックとニュートンとの角逐にあいながらも,ねばり強くまとめ上げて出版にこぎつけた功労者である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハリー【Halley】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハリー
はりー
Edmund Halley
(1656―1742)
イギリスの天文学者。ハリー彗星(すいせい)の認定者。ロンドンの富商の息子として生まれる。数学・天文学に興味をもち、16歳でオックスフォード大学に入学、10代で天体観測術と軌道計算法に熟達、1676年中退してセント・ヘレナ島に遠征した。18か月の滞在期間中に南天351個の恒星位置を決定したうえ、水星の太陽面通過を観測して太陽視差決定法を考案した。1678年帰国後、母校から卒業認定を受け、かつ22歳でロイヤル・ソサイエティー会員に推挙された。1679年『南天恒星目録』を公刊するに及んで、その名声を確立し、1682年大彗星の出現を観測し、その正体究明に打ち込んだ。これが、1456年、1531年、1607年とほぼ76年ごとに回帰する周期彗星であると同定し、その軌道の力学的研究を試みた。この道の先達者ニュートンを訪ねて、楕円(だえん)軌道の可能性を教示された。14歳年長のニュートンとはこの期に知己を得て、師弟の間柄以上の友好を結び、彼の力学原理を出版するよう懇請し、1687年に『プリンキピア』の公刊となった。その際ハリーは執筆の激励、資料の提供、原稿の校読、校正の点検、出版費の負担を果たした。また自らも1705年に『彗星天文学概要』を著述、以後、例の大彗星はハリー彗星とよばれる。そのほか、1693年に月の長年加速を、1718年に恒星の固有運動を発見した。1703年オックスフォード大学教授に就任、1720年グリニジ天文台第2代台長に就任した。[島村福太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハリー(Edmund Halley)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハリーの関連情報

関連キーワード

はてなん・びっくりんクリストバライトベロッキオヘンリー[6世]善隣国宝記ストゥーレ(大)クリストバル石スチューレ(Sten Sture den äldre)ボッティチェッリPandora Media

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation