@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハレー彗星【ハレーすいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハレー彗星
ハレーすいせい
Halley's Comet
海王星族の周期彗星。周期 76.03年,軌道離心率は 0.9673で,近日点は金星軌道の内側,遠日点は海王星軌道の外側にある。1704年イギリスの天文学者エドモンド・ハレーは 1531年,1607年および 1682年に観測された彗星が実は同一であることを計算でつきとめ,1758年頃に現れることを予言した。ハレーの死から 15年後の 1757年頃,フランスの数学者たちは木星土星摂動の影響を考慮してハレーの計算を改良し,彗星が 1759年4月に近日点を通過すると予想した。彗星は 1758年暮れに発見され,1759年3月に近日点を通過したので,ハレーにちなんだ名がつけられた。最古出現記録は,前467年の中国の周代の文書で,以来 29回の記録が残っている。1910年には地球に 2300万kmまで接近し,そのの長さは天球の半ばに達した。このとき,地球はおそらく長さ数百万kmに達した彗星の尾の中を何事もなく通過した。1986年2月9日に近日点を通過し,3月9日にはイオンの尾(イオンテール)は長さ約 1400万kmに達した。同 1986年4月11日には地球から 6200万kmの距離に接近した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハレー‐すいせい【ハレー×彗星】
周期彗星の一。周期76年で楕円軌道を公転し、巨大な尾を引く。1682年に観測したハレーが軌道を計算した。前回は1986年に出現。古くから災いの兆しとされた。ハリー彗星

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はれーすいせい【ハレー彗星】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ハレー‐すいせい【ハレー彗星】
⸨ハリーすいせい⸩海王星族周期彗星の一つ。大形で光が強く長い尾を引く。一六八二年に出現したとき、イギリスの天文学者E=ハレーが軌道計算をし、その回帰性を明らかにした。周期七六・〇二年。最古の出現記録は紀元前二四〇年、最新のものは一九八六年。西洋では古来凶兆として忌みきらわれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハレー彗星
はれーすいせい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハレー彗星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハレー彗星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation