@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハワーリジュ派【ハワーリジュは】

世界大百科事典 第2版

ハワーリジュは【ハワーリジュ派】
イスラムにおける最初の政治・宗教的党派。ハーリジー派Khārijī(単数形)ともいう。過激で非妥協的な行動により,第4代カリフアリーウマイヤ朝の支配体制を混乱させる一方,宗教・思想の面では,カリフの資格とムスリムの罪の問題を初めて提起した。657年のシッフィーンの戦で,アリーとムアーウィヤ1世の双方調停によって事態の収拾を図ろうとした時,人間による調停に反対したアリー軍の一部の者が〈判決は神にのみ属する〉を合言葉にアリーのもとを去り,クーファの近くのハルーラーに集まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

ハワーリジュ‐は【ハワーリジュ派】
《〈アラビアKhawārij は離脱者たちの意。単数形でハーリジー(Khārijī)派とも》イスラム教成立初期に存在した政治・宗教的党派。第4代正統カリフアリームアーウィヤが争った際に、調停による解決に反対してカリフ軍から離脱した強硬派起源とする。敬虔(けいけん)なムスリムなら誰でもカリフになる資格があるとし、自派以外の教徒を不信仰者とみなした。アリーを暗殺し、ムアーウィヤが開いたウマイヤ朝にもしばしば反乱を起こしたが、弾圧を受けて衰退。現在は、同派から分かれたイバード派のみが残る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハワーリジュ派
はわーりじゅは
Khawārij

イスラム教の最初の政治・宗教的分派。ハーリジーKhārijī派ともいう。第4代正統カリフのアリーとのちにウマイヤ朝を創設することになるムアーウィヤとが657年にスィッフィーンで戦った際に、ムアーウィヤ側からコーランによる調停の申し入れがあり、アリー側の兵の大半はそれを承諾したが、一部の者は、それは神のことばの上に人間の審判を置くことであるとして反対し、その場を去った。このアリーの陣営を「離脱した者たち(ハワーリジュ)」はその調停の不満足な結果からさらに増加した。ここにこの派は起源をもつとされ、ウマイヤ朝期(661~750)を通じてしばしば反政府的反乱を引き起こした。教義の面では、道徳的に欠点がなくカリフとして働く能力があれば、いかなる信者もその血統・身分に関係なくカリフに選ばれうるとし、また行為を伴わない信仰は無意味であり、重罪を犯した者は背教者として殺害されるべきであるとするなど、道徳的厳格さを極端にまで主張し、この派に属さないイスラム教徒を不信仰者とみなした。ハワーリジュ派は種々の傾向をもついくつかの支派からなり、そのなかの穏健な一派は現在までアラビア半島のオマーンに存続している。

[鎌田 繁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハワーリジュ派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハワーリジュ派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation