@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハンスリック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハンスリック
Hanslick, Eduard
[生]1825.9.11. プラハ
[没]1904.8.6. ウィーン近郊バーデン
ドイツの音楽美学者。哲学と法律を学び,1849年ウィーンで博士号を取得。 46年より『ウィーン新聞』をはじめ主要各紙に美学的立場に基づく批評を書き,ワーグナーを批判し,ブラームスを擁護して音楽界に論争起した。 56~95年ウィーン大学教授。主著『音楽美について』 Vom Musikalish-Schönen (1854) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハンスリック【Eduard Hanslick】
1825‐1904
オーストリアの音楽美学者,音楽批評家。自律的音楽美学の主唱者。はじめウィーン大学で法律を学び官吏となる。1854年主著《音楽美論》を発表,56年よりウィーン大学で講じ,70‐95年正教授。《音楽美論》は,感情を音楽の内容とするを否定,音楽の独自性を形式に見いだし,〈音楽の内容とは鳴り響きつつ動く形式〉と述べた。音楽そのものに美を求める〈自律的音楽美学〉の主張であったが,R.ワーグナーとその支持者たちの反論を買い,一大論争に展開した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハンスリック
はんすりっく
Eduard Hanslick
(1825―1904)

オーストリアの音楽美学者、批評家。プラハ生まれ。プラハ大学、ウィーン大学で法律を学ぶかたわら、哲学者ツィンマーマンや音楽史学者アンブロースらとの交際を通じて批評精神を養った。しかし彼は、17世紀以前の音楽を否定し、モーツァルト以後、とくにベートーベン、シューマン、ブラームスを高く評価するという偏向をもっていた。同時代者のなかでもリスト、ワーグナーを批判する彼の音楽観は、器楽の場合は旋律を、声楽では歌詞を重要視するものであったため、絶対音楽、標題音楽、音楽形式論をめぐってハウゼッガーやアンブロースと対立することになった。著作では、評論や回想録が当時の音楽界の状況を再構成するものとして今日では評価されており、『音楽美論』(1854)は音楽美学の古典的名著として知られる。

[山口 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハンスリック
(Eduard Hanslick エドゥアルト━) オーストリアの音楽学者、音楽批評家。ウィーン大学教授。シューマンやブラームスの絶対音楽を支持、反ワーグナーの立場に立った。主著「音楽美論」。(一八二五‐一九〇四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンスリック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハンスリックの関連情報

関連キーワード

産業革命史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]サン=シモンニコライ1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation