@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハンソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハンソン
Hanson, John
[生]1721.4.13. メリーランドチャールズ
[没]1783.11.22. プリンスジョージ,オクソンヒル
アメリカ独立革命期の政治家。 1757~73年メリーランド植民地議会議員。独立戦争では多くの重要委員会に参加。 80~82年大陸会議のメリーランド代表。 81年大陸会議により連合規約下の初代議長に選ばれたが,連邦憲法下の大統領のような権限はもたなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンソン
Hansson, Ola
[生]1860.11.12. グレンビュ,スコーネ
[没]1925.9.26. ビュコクデレ
スウェーデンの作家,詩人農民の子に生れ,郷土の自然を歌う田園詩人として出発。代表作『多感なアモローサ』 Sensitiva Amorosa (1887) は,エロティシズムの病理学的臨床記録ともいうべき詩的散文の傑作で,一大センセーションを巻起した。そのほか『詩集』 Dikter (84) ,『夜想曲』 Notturno (85) など洗練された精緻な言語によるすぐれた作品を残したが,時代にいれられず,1889年ベルリンに移住してドイツ女性と結婚,ドイツ語で創作活動を続け,さらにスイスやトルコで不遇な生涯をおくり,イスタンブール近郊でした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンソン
Hansson, Per Albin
[生]1885.10.28. マルメ近郊
[没]1946.10.5. ストックホルム
スウェーデンの政治家。独学新聞記者になり,1903年社会民主青年連合の結成に参加,17年日刊紙"Social-Demokraten"編集長。 18年下院議員に当選,20~26年社会民主党政権で国防相をつとめた。軍備全廃の必要を説いたことで知られる。 32~46年首相となり,平和政策中立の維持に貢献した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンソン
Hanson PLC
イギリスに本社のある建材専門企業グループ。英米両国で事業を展開する。 1947年にワイルズ・グループとして創業。 69年ハンソン・トラストと改称し,86年現社名に変更。傘下に,たばこのインペリアル・タバコ,チタン酸化物メーカーの SCMケミカルズ,タイプライタとワープロのスミス・コロナなどを擁する多角企業グループだったが,96年以降大規模なリストラを断行し,建材とクレーンを専門とする業態に移行した。その後さらに建材に特化した。コンクリートアスファルトなどでイギリス国内トップ,レンガで同トップ,骨材ではアメリカ国内第3位,コンクリート・パイプで同2位。年間売上高 124億 8400万ポンド,総資産 145億 2600万ポンド (1996) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ハンソン Hanson, Edith
1939- アメリカのエッセイスト,タレント。
1939年8月28日インド生まれ。昭和35年来日。テレビ番組「日本問答」に出演して以来,大阪弁をはなすタレント,インタビュアーとして活躍する。アムネスティ-インターナショナルに参加し,61年日本支部長。和歌山県で山里暮らしをたのしむ。オクラホマシティー大中退。作に「会員制の国・ニッポン」「インド片恋い」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

ハンソン
アメリカ合衆国の作曲家。スウェーデン系のハンソンの作風は北欧を想起させるものとなっている。ピアノ協奏曲(1948)の他、オペラや交響曲、オルガン協奏曲、室内楽や合唱作品を創作した。《交響曲 第4番 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

大辞林 第三版

ハンソン【Norwood Russell Hanson】
1924~1967 アメリカの科学哲学者。「理論負荷性」の概念を提唱したことで知られ、新科学哲学の成立に先導的役割を果たした。著「科学的発見のパターン」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ハンソン
生年月日:1885年10月28日
スウェーデンの政治家
1946年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハンソンの関連情報

関連キーワード

北方戦争北方戦争エルベルフェルト朱一貴インノケンチウス13世享保の改革白隠月行事・月行持・月行司有期労働者小石川植物園

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation