@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハンタウイルス肺症候群【はんたういるすはいしょうこうぐん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハンタウイルス肺症候群
はんたういるすはいしょうこうぐん
hantavirus pulmonary syndrome
ハンタウイルス属に属するシンノンブルウイルスSin Nombre Virusによる急性呼吸器感染症。略称HPS。ハンタウイルスはブニヤウイルス科に属するが、ブニヤウイルス科のウイルスの多くはダニなど節足動物が媒介するのに対し、ネズミが感染源となる。ブニヤウイルスは、感染すると、脳障害のほかとくに腎(じん)症候性出血熱を伴うという特徴があるが、1993年、ネイティブ・アメリカンのあいだで腎症候を伴わず肺水腫(すいしゅ)から急性の呼吸困難に至る症例が複数報告された。その患者から初めてシンノンブルウイルスが分離され、宿主はシカシロアシネズミと特定された。シカシロアシネズミは北米に広く分布するネズミで人家に入り込む性質があり、雨量が多く食用となる植物が豊富になると増殖し、それに伴って感染者も増加する。シンノンブルウイルスは、シカシロアシネズミの糞尿(ふんにょう)など排泄(はいせつ)物に汚染されたほこりを吸い込むことなどにより感染し、2週間ほどの潜伏期間を経て発症する。ヒトからヒト、家畜などからヒトへ感染することはない。初期症状はかぜに類似し、咳(せき)や38~40℃の発熱、悪寒(おかん)、頭痛、筋肉痛、また吐き気・嘔吐(おうと)や下痢のほか、めまいや関節痛などを伴い、続いて肺水腫が急性に進行し呼吸不全に陥る。死に至ることも多く、致死率は約50%と高い。有効な治療法やワクチンはまだないが、酸素低下を防ぐために早期の換気を行うことが必要である。
 南米ではアンデスウイルスAndes Virus、ほかにシカシロアシネズミとは異なるネズミが感染源で、シンノンブルウイルスと同じ病態を示す新型ハンタウイルスのバイユーウイルスBayou Virus、ブラッククリークカナルウイルスBlack Creek Canal Virus、ニューヨークウイルスNew York Virusなども報告されている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンタウイルス肺症候群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハンタウイルス肺症候群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation