@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハント(William Holman Hunt)【はんと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハント(William Holman Hunt)
はんと
William Holman Hunt
(1827―1910)

イギリスの画家。ロンドンに生まれ、同地に没。1844年からロイヤル・アカデミーの美術学校に学び、在学中知り合ったJ・E・ミレイ、D・G・ロセッティらとともに1848年ラファエル前派を結成。ラスキンなどの影響から、忠実、精緻(せいち)な自然描写を通して高邁(こうまい)な理想を描こうとした。とくに信仰心に厚かった彼は、1854年から三度にわたって聖地エルサレムを訪れ、自らの宗教画に地理・歴史的な正確さを追究した。人間の魂の扉をたたくキリストを描いた『世界のともしび』(1853ほか)は、当時ヨーロッパでもっとも有名な宗教画の一つとなった。また著書『ラファエル前派主義とラファエル前派』2巻(1905)は、やや牽強付会(けんきょうふかい)なところもないではないが、同派を知るうえで基本的な文献となっている。

[谷田博行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハント(William Holman Hunt)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハント(William Holman Hunt)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation