@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハーバー=ボッシュ法【ハーバー=ボッシュほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハーバー=ボッシュ法
ハーバー=ボッシュほう
Haber-Bosch process
アンモニア合成法の代表的方式窒素水素からアンモニアを合成する方法で,温度 500~600℃,圧力 300気圧,触媒 (酸化鉄酸化アルミニウム酸化マグネシウム酸化カリウム添加) の条件で行なわれる。ドイツワルター・ヘルマン・ネルンストが理論的に扱っていたが,フリッツ・ハーバーが工業化のための条件を明らかにし,カール・ボッシュが完成した (1909) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はーばーぼっしゅほう【ハーバー=ボッシュ法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハーバー=ボッシュ法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハーバー=ボッシュ法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation