@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハーブ・スパイス【はーぶすぱいす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハーブ・スパイス
はーぶすぱいす
herb spice
香辛料(スパイス)を、主として味によって種子系(シード・スパイス)、香草系(ハーブ・スパイス)、香辛系(スパイシー・スパイス)と三つに分類したうちの一つ。いわゆる香りの強い香草(ハーブ)類をさし、一般に昔から薬理効果のある葉茎が多い。ローズマリー、セージ、タイム、マヨラナ(マージョラム)、オレガノ、バジル、ローレル、フェネル、パセリ、シソ、ミツバなどがこれに属する。肉の臭みを消したり、芳香づけに用いられるものが多く、肉料理に欠かせない。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーブ・スパイス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハーブ・スパイスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation