@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハーン
Hahn, Eduard
[生]1856.8.7. リューベック
[没]1928.2.14. ベルリン
ドイツの経済史家,民族学者。家畜飼育が非経済的な動機に由来すると論じた。たとえば,牛は供犠という宗教目的のために飼育されたのであり,犂は男根によって土地を切り開くという生殖器崇拝に起因し,実用的な犂耕農業は後発したものとしている。著書"Von der Hacke zum Pflug" (1919) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
Hahn, Ferdinand
[生]1926.1.18. カイザースラウテルン
ドイツのプロテスタント神学者。新約聖書学者。マインツ,ゲッティンゲン,ハイデルベルクの諸大学に学び,『キリスト論的尊称』に関する研究で 1961年 G.ボルンカム教授のもとにハイデルベルクで博士号を取得,次いで 63年『新約聖書における伝道理解』の研究で教授資格を取得し,キール大学教授,マインツ大学教授を経て,ミュンヘン大学新約聖書学教授。マイヤーの新約聖書注解書"Kritische-exegetische Kommentar über das Neue Testament"の編集責任者で,カトリックの新約聖書学者との協同の業績も少くない。ドイツ東亜伝道会 DOAMの責任者。主著"Die Frage nach dem historischen Jesus" (1962,共著) ,"Christologische Hoheitstitel" (63) ,"Das Verständnis der Mission im Neuen Testament" (63) ,"Der Prozess Jesu nach dem Johannes Evangelium" (70) ,"Rückfrage nach Jesus" (74,共著) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
Hahn, Ludwig Albert
[生]1889.10.12. フランクフルトアムマイン
[没]1968.10.4. チューリヒ
ドイツの銀行家,経済学者。マールブルク,ハイデルベルク両大学で哲学,法学を学び,卒業後フランクフルトで弁護士となった。 1919年ドイツ証券銀行頭取。 20年『銀行信用の国民経済的理論』 Volkswirtschaftliche Theorie des Bankkreditsを著わし,銀行の信用創造が積極的に国民経済に与える効果を論じた。 28年フランクフルト大学名誉教授。ナチス政権下アメリカに亡命。 50年ケインズ理論を批判する『ケインズ一般理論の基本的誤謬』 Die Grundirrtümer von Lord Keynes' General Theory of Employment,Interest and Moneyを著わして,古典的な反インフレーション理論を展開した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
Hahn, Otto
[生]1879.3.8. フランクフルトアムマイン
[没]1968.7.28. ゲッティンゲン
ドイツの化学者。 1901年マールブルク大学で学位取得。 04年ロンドンに行き,ロンドン大学の W.ラムゼーのもとでラジオトリウムを発見。ベルリン大学を経て,新設のカイザー・ウィルヘルム化学研究所の放射化学の主任となり (1911) ,所長 (28) をつとめた。第1次世界大戦中は,化学兵器の専門家として従軍。戦後ベルリン大学時代からの協同研究者 L.マイトナーとともに新しい放射性元素プロトアクチニウムを発見。 34年から E.フェルミの研究に興味をもち,ウラン中性子を照射する実験を開始。 38年 F.シュトラスマンとともにウランの原子核が分裂することを発見した。第2次世界大戦後,原子爆弾投下を知らされ非常に驚き,核実験および核兵器の反対運動に努力した。 44年にノーベル化学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
Hearne, Samuel
[生]1745. ロンドン
[没]1792.11.
イギリスの旅行家。 1768~72年ハドソン湾会社のためアメリカ大陸北部 (現カナダの北西領) を探検旅行記死後刊行された (1795) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
Herne, James A.
[生]1839.2.1. ニューヨーク,トロイ
[没]1901.6.2. ニューヨーク
アメリカの俳優,劇作家。本名 James Ahern。女優である妻とともに舞台に立ったのち,劇作家として活躍。代表作は D.ベラスコとの共作『の心』 Hearts of Oak (1879) のほか,『マーガレット・フレミング』 Margaret Fleming (90) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
Hahn,Frank Horace
[生]1925. ベルリン
ドイツ生れのイギリスの経済学者。 1945年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業。同校で 50年博士号取得。バーミンガム大学を経て 60年ケンブリッジ大学,67年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授。 72年ケンブリッジ大学教授。一般均衡理論の専門家で,一般均衡の安定性に関する研究に多大の貢献がある。また本来実物経済を扱う一般均衡理論に貨幣を導入することを研究。 68年アメリカ計量経済学会会長。主著に K.J.アローと共著の『一般競争分析』 General Competitive Analysis (1971) や,『貨幣とインフレーション』 Money and Inflation (82) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
小泉八雲」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハーン(Otto Hahn)
[1879~1968]ドイツの化学者。放射性トリウムアクチニウムなどを発見し、1938年、F=シュトラスマンと中性子によるウラン核分裂を発見。1944年ノーベル化学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン(Lafcadio Hearn)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハーン【Lafcadio Hearn】
1850‐1904
文芸評論家,小説家。日本名は小泉八雲。ギリシアのレフカス島でイギリス進駐軍の軍医チャールズ・ブッシュ・ハーンと島の女ローザとの間に生まれた。幼時ダブリンに移ったが母と生別し,大伯母に育てられた。フランスのイブトーとイギリスのアショーのカトリック系の学校で教育を受けたが,家庭の崩壊,カトリック神父に対する反発,左眼の失明,大伯母の破産などの不幸に遇い,19歳のとき,イギリスを捨てアメリカに文無しで渡り,シンシナティで苦労しながら新聞記者として名をなした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハーン【Otto Hahn】
1879‐1968
ドイツの核化学者。フランクフルト・アム・マインの生れ。若いころから化学に興味をもち,マールブルクおよびミュンヘン大学に学ぶ。1904年ロンドンに留学,W.ラムゼーの指導を受けて放射性物質に興味をもち,05年モントリオールのE.ラザフォードの研究室に移り,さらに06年にはベルリン大学のE.フィッシャーの研究室に入って放射性物質の単離の研究を続けた。この間,ラジオトリウム(1905),ラジオアクチニウム(1906),メソトリウム(1907)を発見している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハーン【khān】
遊牧民の族長の称号。ハン,カーン(カン)とも呼ばれる。もともとはアルタイ系のトルコ,モンゴル系の北方遊牧民がモンゴル高原において使っていた称号で,カガンqaghan(漢字の転写で〈可汗〉)ないしは,それがつづまったカンqan(〈汗〉)がもとの形である。4世紀末の柔然の族長,社崙(しやろん)が丘豆伐可汗Kültebüri Qaghanと称したのが史料にみえる最初で,その後,北アジア,中央アジアに建国したトルコ系の突厥帝国内で広く用いられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハーン【Otto Hahn】
1879~1968 ドイツの化学者。放射物質を研究し、ラジオトリウム・ラジオアクチニウム・プロトアクチニウムなどを発見。また、シュトラスマンとともに中性子によるウランの核分裂を発見。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン【Lafcadio Hearn】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ハーン
生年月日:1856年8月7日
ドイツの経済史家
1928年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーン
生年月日:1889年10月12日
ドイツの銀行家,経済学者
1968年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハーン
[一] (Otto Hahn オットー━) ドイツの物理学者、化学者。ラジオトリウム、ラジオアクチニウムなどを発見、その後、ウラン、トリウムの核分裂を研究。一九四四年ノーベル化学賞受賞。(一八七九‐一九六八
[二] (Lafcadio Hearn ラフカディオ━) ⇒こいずみやくも(小泉八雲)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ハーン
ハーン
Hahn, Otto

ドイツの化学者.マールブルク大学で,1901年有機化学で学位を取得し,同大学化学教室の助手になる.1904年秋から1年間ロンドン大学のユニバーシティ・カレッジのW. Rumsay(ラムゼー)のもとに遊学し,放射化学の研究をはじめ,1905年秋から1年間,カナダのマギル大学のE. Rutherford(ラザフォード)のもとで研究した.1907年ベルリン大学化学教室の私講師に就任(1910年教授)し,この年の暮にオーストリアからきたL. Meitner(マイトナー)との共同研究を開始.1912年にカイザー・ウィルヘルム協会化学研究所に移り,放射化学研究室を主宰.第一次世界大戦中,毒ガスの軍事使用に関する研究開発に従事し,1917年Meitnerと91番元素プロトアクチニウムを発見した.1930年代,Meitner,F. StrassmannとともにE. Fermi(フェルミ)らによる諸元素に対する中性子衝突実験を追試し,1938年末にウランからバリウムが生成していることを発見した.スウェーデンに亡命していたMeitnerは甥のO. Firschとともに,この知らせを中性子によるウラン核の分裂と正しく解釈して核分裂(fission)と命名した.原子核分裂反応の発見により1944年ノーベル化学賞を受賞.1946年からマックス・プランク協会(カイザー・ウィルヘルム協会の改称)総裁を務め,ドイツの科学再建に尽力した.また,ドイツの核武装に反対し,核戦争防止の科学者の運動にも熱心に取り組んだ.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ハーン Hearn, Lafcadio

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ハーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハーンの関連情報

関連キーワード

川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)剣頭恵美須ヶ鼻造船所跡大森安仁子シドモアディクソンノットブリガムマードック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation