@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バイソン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バイソン
Bison; bison
偶蹄目ウシ科バイソン属の野生ウシの総称。北アメリカにすむアメリカバイソンとヨーロッパにすむヨーロッパバイソンの2種から成る。体高 2m内外で,頭部,頸,肩,前肢の部分に長くてあらい黒褐色の毛が密生する。角は雌雄ともあり,短くて上方に曲る。両種とも乱獲,自然開発などにより急激にその数が減少し,現在厳重に保護されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バイソン(bison)
ウシ科バイソン属の哺乳類の総称。大形の野牛で、肩高1.5~1.8メートル。体は暗褐色で、肩が盛り上がり頭は巨大。角は雄にあり、さほど大きくない。ヨーロッパバイソンと、これよりやや大形でバッファローともよばれるアメリカバイソンとの2種があるが、いずれも乱獲で減少したため保護されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バイソン【bison】
前半身がよく発達し,長毛を密生した野生ウシ。偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヨーロッパバイソンBison bonasusとアメリカバイソンB.bison(イラスト)の2種がある。体長210~350cm,尾長50~60cm。ヨーロッパバイソンは,大型で後半身が比較的よく発達し,角は細長く,額は幅広く扁平で,頭,首および胸に長毛があるが,耳は毛の外に突き出ている。毛は褐色。肩高1.8~1.95m,体重600~1000kgに達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バイソン【bison】
長毛におおわれた大形の野生ウシ。アメリカバイソンとヨーロッパバイソンの2種がある。前者はバッファローとも呼ばれ、黒褐色で前半身が発達し、肩高1.8メートルに達する。後者は褐色で後半身も比較的発達し、肩高1.9メートルほど。いずれも曲がった角をもつ。両種とも二〇世紀初頭までに野生種はほぼ絶滅し、現在は保護下にあるものしかいない。 → 野牛

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バイソン
ばいそん
bison
哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科バイソン属に含まれる動物の総称。ヤギュウ(野牛)ともいう。この属Bisonには、アメリカバイソンB. bisonおよびヨーロッパバイソンB. bonasusの2種がある。前者は北アメリカの草原地帯に分布し、バッファローの名でよばれることも多い。後者は東ヨーロッパの森林地帯にすむ。体形は両種とも類似しているが、前者がやや大きい。頭部が大きく、背中から肩の部分が隆起している。肩高で1.5~1.8メートル、体長2.7メートル、尾長50~60センチメートル、体重は1000キログラムに達する。角(つの)は雌雄ともにあるが、体に比較して短く円筒形で、内方に湾曲する。体毛は暗褐色で、前躯(ぜんく)に多くて長く、後躯では短く少なくなる。食性は、前者が草原にすみ草本類の植物を主食するのに対し、後者は森林にすみ草本類のほか樹葉、樹皮、木の芽などを好食する。交尾期は8~9月ごろで、267~285日の妊娠期間を経て、翌年の春から初夏にかけて出産する。1産1子。生まれた子は体長90センチメートル、体重20キログラムほどで、生後1時間ほどで起立し、3時間ほどで哺乳をする。子はやや淡色で、毛が密である。
 19世紀初期、アメリカバイソンは北アメリカ全土に数千万頭という膨大な生息数を誇っていたが、乱獲と生息地の開発によって激減し、1889年にはわずかに541頭を残すのみとなった。しかし、その後の保護策によって、現在では数万頭に回復している。ヨーロッパバイソンも、かつては北ヨーロッパからカフカスの森林まで広く分布していたが、1921年にはついに野生のものは絶滅し、動物園や公園に飼育されているものを残すのみとなった。しかし、国際的な保護活動の結果、増殖に成功し、現在では野生復帰の試みもなされている。両種とも、わが国の動物園で飼育繁殖例がある。寿命は20~30年である。[中川志郎]

民俗

北アメリカの大草原地域、森林地域の先住民にとって、毛皮と食肉で衣食住すべてにわたる供給を支えたがゆえに、バイソンはしばしば信仰や儀礼の対象になった。雨と結び付いていることが多く、ショーニー人は、バイソンの尾を少し水につけ、静かに揺すって雨を祈る。ノース・ダコタのヒダツァ人は、バイソンの頭蓋骨(ずがいこつ)を祭壇に置き、食物を供えて雨乞(あまご)いをした。また、アパッチ人やカイオワ人などでは、バイソンとバイソンの老女は、よく知られた神話の人物である。バイソンの生息地域に分布するコヨーテとキノボリヤマアラシのトリックスター(ずる賢い者)物語では、バイソンは愚かな動物として語られている。[小島瓔

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バイソン
〘名〙 (bison) ウシ科の哺乳類。雄は体高一・六~二・〇メートル、雌はこれより小形。体形は前半身から頭部が発達し、体毛は褐色ないし黒褐色で頭部から胸部にかけて毛が長い。角は上前方に湾曲するが、あまり長くは伸びない。北アメリカ大陸のバイソン(アメリカバイソン)とユーラシア大陸のヨーロッパバイソンの二種類があり、それぞれ別種とする説と同一種の亜種とする説がある。北アメリカ大陸ではかつて平原に大群をなしていたが、西部開拓時代に乱獲され一時絶滅が危惧されるほどに減少したが、現在は国立公園や保護区などで保護されている。ヨーロッパバイソンは一九二一年に野生個体群は絶滅したが、飼育下にあった個体群をもとにポーランドなどで野生個体群が復活しつつある。やぎゅう(野牛)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バイソンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation