@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バイユー・タペストリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バイユー・タペストリー
Tapisserie de Bayeux
フランスのノルマンディーの古都バイユーで発見された壁掛け。幅 50cm強,長さ約 70mの麻製で,ノルマン王のイングランド征服 (→ノルマン・コンクェスト ) の物語が約 70以上の情景に分れ,8色の糸で刺繍されている。以前はもっと長かったものと思われ,上下にイソップ寓話などが図案化されている。 11世紀後半にバイユーのノートルダム聖堂のために製作されたものと考えられている。現在はバイユーのマティルド王妃博物館が所蔵している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バイユー・タペストリー
ばいゆーたぺすとりー
Bayeux Tapestry

ノルマンディー公ウィリアムのイギリス征服(ノルマン・コンクェスト)を絵場面で物語る長さ約70メートル、幅約50センチメートルの綴織(つづれおり)。1730年にフランスのバイユー大聖堂で発見された。ウェセックス伯ハロルド(後の2世)がエドワード懺悔(ざんげ)王のイギリス王位継承の約束をノルマンディー公ウィリアム(後の1世)に伝えに行く場面から、ヘースティングズでハロルド2世軍が敗れるまでの約70の場面があるが、本来はもっと続いていたらしい。ラテン語の解説も綴(つづ)られている。ウィリアム1世の妃マティルダ(マティルド)の作とも伝えられるが、彼の義兄弟バイユー司教オドの命でイギリスでつくられたともいわれている。芸術品としても、また征服の模様および当時の生活を示す史料としても価値が高い。

[富沢霊岸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイユー・タペストリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バイユー・タペストリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation