@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バクテリオクロロフィル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バクテリオクロロフィル
bacteriochlorophyll
光合成細菌である紅色硫黄細菌 (クロマチウム属など) ,紅色無硫黄細菌 (ロドスピリルム属やロドシュードモナス属など) に含まれるクロロフィル (葉緑素) 。同じ光合成細菌でも緑色硫黄細菌 (クロロビウム属など) には別種のクロロビウムクロロフィルがあるが,しばしばこれら全体をバクテリオクロロフィルという。その構造はいずれも緑色植物のクロロフィルと似て,マグネシウムポルフィリン誘導体であって,バクテリオクロロフィルaでは,緑色植物のクロロフィルaのポルフィリン核を構成する4個のピロール核のうちの1つが還元されているだけの違いである。細胞に共存する他の光合成補助色素が吸収した光も含めて,近赤外部の波長の光を吸収して半光合成のエネルギーとする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バクテリオクロロフィル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バクテリオクロロフィルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation