@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バグダード鉄道【バグダードてつどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バグダード鉄道
バグダードてつどう
Bagdadbahn
トルコのコンヤからバグダードを経てペルシア湾にいたる鉄道。 1903年バグダード鉄道会社設立以来,ドイツの3B政策基軸として建設が進められたが,列強の反対と投資拒否にあって工事は遷延し,一方列強との交渉も停滞を重ねた。結局ドイツ政府が,アンカラ-バグダード間をコンヤ-バグダード間に変更し,またバスラ以南を放棄して,コンヤ-バスラ間約 1500kmとすることで,協定が成立した (1911~14) 。しかしこの協定の批准をみないうちに第1次世界大戦が勃発し,未完成に終った。なお広義には,1889年アナトリア鉄道会社設立にはじまるハイダルパシャ-アンカラ線およびエスキシェヒル-コンヤ線をも含む,ドイツの近東における鉄道敷設事業全体をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バグダードてつどう【バグダード鉄道】
トルコのハイダル・パシャ(イスタンブールのアナトリア側の対岸)からコニヤ,バグダードをへてペルシア湾に近いバスラに至る鉄道。支線を含めて総延長3225km。中東への進出を図るドイツは,1888年オスマン・トルコ政府から利権を得てアナトリア鉄道(ハイダル・パシャ~コニヤ,ただしイズミトまでは既設)の建設に着手した。1902年,これに続きコニヤ以遠のバグダード鉄道建設の利権を獲得。事業の中心は私企業のドイツ銀行で,同行ははじめ英仏資本の協力を得る計画であったが,第1次大戦前の国際対立の中で,三B政策を推進するドイツの国家的事業となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

バグダード鉄道
ばぐだーどてつどう
Baghdad Railway英語
Bagdadbahnドイツ語
20世紀の初め、ドイツを中心とする国際資本により、トルコのアナトリア鉄道のハイダルパシャ―コンヤ間を延長して、コンヤ―バグダード(イラク)間に敷設された鉄道。
 1888年にドイツ銀行は、トルコ政府から小アジアにおける鉄道建設権を得た。しかし、アナトリア鉄道のうちハイダルパシャ―イズミット間はイギリス資本により建設されていたため、ドイツはイギリスから既設部分を買収し、89年にアナトリア鉄道会社を設立した。ドイツは92年にイズミット―アンカラ間を完成させ、96年にはイズミットからコンヤまでの路線を完成させた。98年のドイツ皇帝ウィルヘルム2世の東方旅行以後、ドイツは積極的に東方政策を推進し、同年から1903年にかけて、ハイダルパシャの築港権と、コンヤからバグダードを経てペルシア湾岸のバスラ(イラク)に至る鉄道敷設権を獲得、バグダード鉄道会社を組織した。これによりドイツは、陸路で中欧から中東に至る勢力圏を形成することになるため、同鉄道はドイツ三B政策の基幹とみなされて、イギリス、ロシアとの帝国主義競争激化の原因の一つとなった。その後、ドイツとイギリスの交渉で、1914年にドイツはバグダード―バスラ間の敷設権を放棄したが、第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)したため、仮調印に終った。大戦が終結した18年までにバグダード鉄道はコンヤ―ヌサイビン(トルコ)間とバグダード―ザマラ間とに敷設されていたが(全長3200キロメートルの約3分の2)、完成せず、その後トルコ共和国が建設を継承して、1940年に全通した。[岡部健彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

バグダード鉄道
バグダードてつどう
19世紀末,ドイツの3B 政策によって計画された鉄道予定線
ドイツは近東政策の基軸として1889年アナトリア鉄道会社を設立し,ついで1903年トルコとの協約によりバグダード鉄道会社を設立して,小アジアのコニヤからバグダードをへてペルシア湾のバスラに至る鉄道を着工したが,第一次世界大戦の敗北により未完成に終わった。アナトリア鉄道を含めたドイツによる中東鉄道事業の総称としても用いられる。ドイツのペルシア湾進出は,イギリスとの対立を激化させる一因となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バグダード鉄道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バグダード鉄道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation