@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バサラブ朝【バサラブちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バサラブ朝
バサラブちょう
Basarab(Bassarab; Bessaraba)
ルーマニアの王朝名。家系の起源は不明。 1658年までワラキア一帯を統治バサラブ1世 (在位 1330~52) はワラキアに封建国家建国ブルガール人の支援を得てビザンチン帝国ハンガリー抗争ミルチヤ老公 (在位 86~1418) 治世下にオスマン帝国と対立,1417年まで帝国の宗主権下におかれた。ネアゴエ・バサラブ (在位 1512~21) のとき王朝は再び安定し文化も栄えた。ミハイ勇敢公 (在位 93~1601) は全ルーマニア団結をはかり,一時オスマン帝国の侵入を撃退したが,再び敗れた。しかしマテイ・バサラブ (在位 32~54) はトランシルバニア諸侯と結んでオスマン帝国に対抗,国政上の諸改革とともに文化や経済を発展させたが,次のコンスタンチン・シェルバンに男子継承者がなく,1658年シェルバンの死によって王朝は断絶した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バサラブ朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バサラブ朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation