@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バザール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バザール
Bazard, Saint-Amand
[生]1791. パリ
[没]1832. クルトリー
フランスの社会主義者。シャルボヌリ (炭焼き党) の創立者。イタリアのカルボナリ結社の運動を,フランスで実践しようとしたサン=シモン主義者の一人。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バザール
bāzār
市場 (いちば) を意味するペルシア語アラビア語ではスーク sūqイスラム世界独特の経済機構で,都市では住宅地から独立した区画の中にあり,商店が密集し,雑多な商取引がなされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バザール(〈ペルシア〉bāzār/〈フランス〉bazar)
南アジア中近東バルカン半島などに見られる都市の市場。ふつう屋根をもつ歩廊式の建物内に商店や工房が並ぶ。
デパート・大商店などの特売会。また、特設売り場。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

バザール【bazaar】
元来はペルシャ語で、インドや中東諸国の活気ある市場のこと。転じて、雑多な商品を販売する小さな店を集合した常設市や、百貨店や自動車販売店などが行なっている活気のある演出をした大売出しのことをいう。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バザール【Armand Bazard】
1791‐1832
フランスのサン・シモン主義者。パリ生れ。1821年,ビュシェ,フロタールとともにフランス・カルボナリ党を創立。25年,サン・シモン後,同派の《生産者》紙(1825‐26)の編集者の一人となり,以後アンファンタン,ロドリーグらとサン・シモン主義の社会主義思想としての理論的整理,発展に貢献した。29年アンファンタンとともに,同派の最高指導者ペール(教父)となったが,18世紀合理主義に基づく理論派バザールは,神秘主義的傾向を強め,また〈自由恋愛〉の聖化など独自の〈性の自由〉を説くアンファンタンと対立し,同派を脱退,その後まもなく没した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ばざーる【バザール】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

バザール
ばざーる
bāzār ペルシア語

今日ではさまざまな意味で用いられるが、もとはイスラム文化圏特有の市場(いちば)をさすことばであった。アラビア語ではスークsūqという。屋根のある狭い通りの両側に商店や職人の工房が並ぶ百貨市場である。モスクの近くに所在し、イスラム教布教のための宗教活動との関係が深いものであった。普通、同一業種で一つのバザールをつくるが、パン屋、肉屋、飲み物屋などはどのバザールにも店を開くことができた。このような伝統的なバザールはしだいに姿を消しつつある。この語がヨーロッパに移って、種々の品を扱う店、百貨店、商店街と意味が広がった。バザールが転じた英語のバザーbazar, bazaarは、前述のような本来の意味のほか、雑貨市、百貨店の特売場、慈善市などをさす。日本語のバザーは慈善市をさすことが多かったが、慈善の意味はしだいに薄れ、社会・公共事業団体、学校、地域住民組織などが品物を持ち寄って即売し、収益をそれらの運営資金にする行事をさすことが多くなった。日本での起源は、1884年(明治17)鹿鳴館(ろくめいかん)で行われた婦人慈善会であるとされている。

[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

バザール
生年月日:1791年9月19日
フランス,炭焼党の創立者
1832年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バザール
〘名〙
[一] (bāzār bazar)
① イラン文化圏の市場(いちば)。バザー。アラビア語圏ではスークと呼ばれる。
※漫遊記程(1877)〈中井弘〉上「帰途雑貨店(バザル)を経過す」
② デパートなどの特売。また、特設売り場。「秋の大バザール」
[二] (bazar) 統制を受けない自由販売の市(いち)
※国境(1952)〈堀田善衛〉「ソ連も恢復して景気が出てさ、配給ものうなって自由販売よ。バザールというやつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

バザール
bāzār
イスラーム世界における市場をさすペルシア語
アラビア語ではスークという。元来聖域の近くには定期市が開かれており,7世紀以後になると常設店舗も登場する。バグダードカルフの商工業地区などは計画的につくられたバザールとして有名。大市場は,広場・常設店舗・キャラバンサライを備える交易流通の一大センターであった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バザール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バザールの関連情報

関連キーワード

フランス革命史(年表)総合年表(アメリカ)市川団十郎モーツァルトフイヤン派立法議会フランス史(年表)合衆国銀行口喧抜・貫

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation