@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バスカ錯体【ばすかさくたい】

世界大百科事典 第2版

ばすかさくたい【バスカ錯体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

バスカ錯体
バスカサクタイ
Vaska's complex

trans-[IrCl(CO){P(C6H5)3}2]の構造をした平面四配位錯体で,通常,P(C6H5)3がほかの第三級ホスフィンに置き換わった同族体も含めてバスカ錯体と総称する.1961年にL. Vaskaによって合成された.(NH4)2[IrCl6]とP(C6H5)3とをジエチレングリコール中で加熱して得られるが,そのほかに塩化イリジウムとP(C6H5)3とをジメチルホルムアミド中で加熱して得る方法もある.輝黄色の結晶で,固体では空気に対して安定であるが,溶液状態では空気中の酸素と反応する.ベンゼン,クロロホルムに可溶,エタノールに不溶.H2,O2,SO2,CO,HCl,HgX2,Hg2X2(X = ハロゲニド,アセタート),CH3I,ヨウ化アリル塩化ベンジル,ヨード酢酸メチル,塩化アセチル塩化スルホニルトリクロロシランオレフィン,置換アセチレンなどとの付加体をつくる([別用語参照]酸化的付加反応).また,オレフィンの水素化の触媒となり,有機アジドとの反応で,二窒素錯体[IrCl(N2){P(C6H5)3}2]を与えるなど,多彩な反応性をもっている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バスカ錯体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バスカ錯体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation