@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バッサイのアポロ-エピクリオス神殿【バッサイのアポロエピクリオスしんでん】

世界遺産詳解

バッサイのアポロエピクリオスしんでん【バッサイのアポロ-エピクリオス神殿】
1986年に登録された世界遺産(文化遺産)。バッサイ(バッセ)は、ギリシア南部ペロポネソス半島の、古代にはアルカディア地方と呼ばれていた地域(現在のメッシニア県北東部)にある標高1160mの山である。この山中に、紀元前420年頃に建設されたアポロ・エピクリオス神殿がある。紀元前5世紀末頃に、近隣にペストが大流行したが、アポロ(アポロン)神により災厄を免れたと信じた市民が、これを感謝してアポロ神に捧げるために建造したという伝説がある。アポロ・エピクリオスとは「加護を与えし者アポロ」を意味する。この神殿はドーリス式オーダー、イオニア式オーダー、コリント式オーダーの3つのギリシア建築様式が用いられているという点が特徴的。また、ギリシア神殿は通常正面を東向きにして建てられるが、この神殿は北向きに建てられている。2世紀のギリシアの旅行家・地理学者で『ギリシア案内記』を著したパウサニアスは、この神殿の調和のとれた建築の見事さから、アテネのパルテノン神殿を手がけたイクティノスによる建築であると述べている。◇英名はTemple of Apollo Epicurius at Bassae

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バッサイのアポロ-エピクリオス神殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バッサイのアポロ-エピクリオス神殿の関連情報

関連キーワード

ジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation