@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バッティング

デジタル大辞泉

バッティング(batting)
野球で、打撃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バッティング(butting)
[名]ボクシングで、頭・額・肩・ひじなどを相手にぶつけること。反則となる。
[名](スル)から転じて》予定などがかち合うこと。物事が競合すること。
[補説]は日本語での用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばってぃんぐ【バッティング】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

バッティング
〘名〙 (batting) 野球で、打者が球を打つこと。また、その技術。打撃。
※毎日新聞‐明治三七年(1904)一〇月二九日「其のバットの振り方を一見しても如何に両者が合理的のバッティングを研究せるかを見るに足るべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バッティング
〘名〙 (butting)
① ボクシングで、頭を下げて相手の選手にぶつかる反則。
※太陽の季節(1955)〈石原慎太郎〉「昨年受けた傷の上を相手の頭が激しくバッチングした」
② 二つの物事がぶつかること。鉢合わせすること。「日程がバッティングする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バッティング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バッティングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation