@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バテシバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バテシバ
Bathsheba
前 10世紀頃在世したソロモンの母。ヘテ人の軍人ウリヤ美貌の妻であったが,ダビデと姦通し,ソロモンを産んだ。夫は対ペリシテ戦の最前線に送られて死んだ。ダビデの死後王位継承抗争を経て,ソロモンが王位につくことができたのは彼女のおかげであった (サムエル書 11,12章,列王紀上1,2章) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バテシバ【Bathsheba】
旧約聖書中の人物。ヘテ人ウリヤの妻で際立った美女であったが,入浴中の姿をイスラエルの王ダビデに見られ,召されてその妻となり,ソロモンを生んだ(《サムエル記》下)。ダビデの死に際しては,ソロモンを後継者とするよう,預言者ナタンらとともにダビデを説いた(《列王紀》上)。中世写本挿絵などには,ダビデが窓から入浴中のバテシバを見る場面や,バテシバが病床のダビデに会う場面などが見いだされる(《サクラ・パラレラ》写本,9世紀)が,近世以降には,入浴や化粧の場面のバテシバが好んで描かれた(レンブラント《バテシバ》1654)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バテシバ【Bathsheba】
旧約聖書に登場する女性。入浴中の姿をダビデにみそめられて妻となり、ソロモンを出産。画題として入浴の場面が多く描かれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バテシバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バテシバの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation