@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バナジウム触媒【バナジウムしょくばい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バナジウム触媒
バナジウムしょくばい
vanadium catalyst
酸化バナジウム (→酸化バナジウム ) ,バナジン酸スズなどバナジウム系の触媒をいう。主として酸化反応の触媒として利用されるが,シリカゲル石綿などを担体とすることが多い。ナフタリンの気相酸化による無水フタル酸の製造,アセトアルデヒドからの酢酸の製造,二酸化硫黄の酸化による接触式硫酸製造などでは,バナジウム触媒が用いられている。白金触媒に比較して価格が安く,不純物に対して抵抗性が大きいので,原料を高度に精製しなくてよい利点がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

バナジウム触媒
バナジウムショクバイ
vanadium catalyst

バナジウムの触媒作用を利用した触媒.有名なのは酸化物による酸化触媒作用である.二酸化硫黄の接触酸化による硫酸製造法には,けいそう土などの多孔質担体にV2O5-K2SO4混合物を担持させた触媒が使われる.K2SO4助触媒であり,V2O5と共融混合物をつくって,反応温度(450~600 ℃)においては融液状で作用するといわれる.ナフタレンあるいはo-キシレンの空気酸化によるフタル酸の製造においても同様の触媒が用いられている.TiO2に担持したV2O5は,アンモニアを用いる排気ガス中のNOの選択還元法の触媒として用いられていたが,同時に含まれるSO2をも酸化してしまうため,WO3-TiO2に置き換えられる傾向にある.また,アルミナに担持したものはアセチレン低圧,低温で三量化してベンゼンを合成する触媒になり,とくに液体シンチレーション法による 14C 測定用のベンゼン合成に利用される.バナジウムの低級酸化物V2O3には水素化触媒作用があり,低級塩化物または塩化酸化バナジウム(Ⅲ)VClOは,アルキルアルミニウムなどを共触媒として,低級オレフィンのチーグラー型重合触媒(チーグラー触媒)になる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バナジウム触媒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バナジウム触媒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation