@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バナナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バナナ
Banana
コンゴ民主共和国西部,コンゴ川河口にある港町大西洋に臨み,19世紀には奴隷貿易として栄えた。今日ではマタディが第1の貿易港になっているが,大型船の航行不能と渋滞のため,バナナ港を本格的に整備し,マタディと鉄道で連絡させる計画がある。人口 3165 (最新推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バナナ
Musa paradisiaca var. sapientum; banana
バショウ科の大型多年草熱帯アジアの原産であるが,世界の熱帯に広く栽培され,日本でも沖縄,小笠原などで生産されている。バショウに似て2~4mの高さに生長するが,は広い葉鞘が重なってできた円柱状の偽茎で,先端に 10枚内外の葉が集って開く。葉面は広く長楕円形で葉柄は長大。夏から秋にかけて,葉心から花茎を出し,1~2mの花穂が下向きに垂れる。穂の上部は雄花,下部は雌花で,おのおのの花を紫赤色の大きな包葉が包み,雌花には子房下位の花柱1本がある。果実は鈍い3稜形で,黄熟すると内果皮が食用となる。栽培品種では果中の種子は発達しないので,根茎の側枝を分けて栽培する。日本では,台湾,南アメリカなどから未熟果を輸入し,室に入れて成熟させ,食用とする。なお本種の母種は料理バナナ(horse banana,cooking banana)と呼ばれ,ゆでたり,フライにして食用とする。熱帯各地で栽培され,地域ごとに品種は非常に多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バナナ(banana)
バショウ科の常緑多年草。高さはふつう2、3メートル。葉はバショウに似る。夏、苞(ほう)をもつ大きな穂を垂れ、下部に雌花、上部に雄花がつく。実は房状になり、黄色などに熟し、食用部は子房の発達したもので、ふつう種子はない。熱帯アジアの原産。実芭蕉甘蕉 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

バナナ
 [Musa nana],[M. sapientum].ショウガ目バショウ科バショウ属の多年草.果実を食用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

バナナ

《栄養と働き》


 バナナは東南アジア熱帯地方が原産で、日本では明治時代以降に普及しました。40、50年前までは遠足や病気のときにしか口にできない貴重品でしたが、栽培技術の向上や流通過程の改善などにより低価格となり、最近では年間消費量も1世帯あたり18kgにのぼっています(総務省「家計調査」2013年)。
○栄養成分としての働き
 バナナの主成分は炭水化物(糖質)で、未熟なうちはでんぷんですが、熟すにつれて消化吸収されやすい果糖やブドウ糖に変化します。バナナ1本あたりのカロリーはご飯半膳分に相当し、エネルギー量はくだもののなかでトップクラスです。糖質以外にもカロテン、ビタミンB1・B2・C、カリウムのほか、食物繊維、ペクチンとオリゴ糖をよく含んでいます。ペクチンは便をやわらかくし、オリゴ糖は整腸作用があるので便秘(べんぴ)解消になります。カリウムはジャガイモと同じくらい含有しており、高血圧の予防に役立ちます。またカロテンは肌荒れに効果があります。
〈抜群の免疫増強力があり、がん予防にも期待が〉
 白血球の一種であるマクロファージは、ウイルスやがん細胞を取り込み消化することが知られています。これは、マクロファージが分泌(ぶんぴつ)するTNF(腫瘍壊死因子(しゅようえしいんし))という生理活性物質の働きによるものです。TNFが活性化するということは、免疫力が増強することにつながり、かぜやがんの予防になるわけです。
 帝京大学の研究グループが、このTNFをふやす食物を調べたところ、くだものではバナナが圧倒的にすぐれていて、免疫増強剤と互角の力をもっていることが判明しました。研究グループでは、バナナはがん組織の増殖を抑制するのではと考えており、実際に、動物実験では効果が確認されています。

《調理のポイント》


 バナナは生食以外には、ケーキに入れたり、クレープの材料にしたりとお菓子に使う場合が多いものです。牛乳とバナナをミキサーにかけたバナナシェークは、カルシウムもともに摂取でき、病気で食欲がなく熱っぽいときなどには最適な飲みものでしょう。皮をむいて冷凍すれば、シャーベットにもなります。
 バナナは冷蔵庫に入れると低温障害を起こして黒ずんでしまいます。保存は室温で。選ぶときは皮の色が濃く、やわらかなもので、表面に黒い斑点があるほうが甘みがあります。
○漢方的な働き
 バナナには体を冷やす作用があるので、口が熱っぽいときに最適です。また繊維質が多く便通をうながし、炎症をとるので痔(じ)にも効きます。
○注意すべきこと
 抗結核薬のイソニアジド、抗うつ薬のサフラジンを服用している人は、バナナに含まれる5―ヒドロキシトリプトファンという成分により、頭痛、高血圧などの症状がでる場合があります。
 また、胃腸の弱い人や冷え症の人は、多食しないように。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

デジタル大辞泉プラス

バナナ
1960年公開の日本映画。監督:渋谷実原作:獅子文六による同名小説、脚色:斎藤良輔、撮影:長岡博之。出演:尾上松緑杉村春子津川雅彦宮口精二岡田茉莉子、桜むつ子、小池朝雄ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バナナ【banana】
単子葉植物バショウ科の果実を食用とする大型の多年草(イラスト)。和名はバショウ(芭蕉)に似るので,ミバショウ(実芭蕉)という。東南アジア原産で,現在は熱帯域に広まった。果物用品種のプランテーション栽培が盛んであるが,料理用バナナ(イラスト)で代表されるように,主食としても重要な作物である。 高さ1.5~5mの葉柄がまき重なった偽茎の頂部から潤大な葉を四方に広げる。大型のため樹木とまちがえられるが,偽茎は多孔質で木質化せず,草である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

バナナ
ばなな
banana

バショウ科(APG分類:バショウ科)バショウ属Musaの英語名であるが、一般には果実を食用・料理用とするものをさす。

[飯塚宗夫 2019年6月18日]

特性

バショウ科の常緑多年草で、高さは2~10メートルに達する。根には定着根と栄養根がある。茎は葉鞘(ようしょう)が互いに抱き合ってできた円柱状の擬茎で、上端から葉身を叢生(そうせい)する。花茎は葉叢基部から抽出する。この際に直立性の花序をつけるフェイバナナfei group./M. maclayi Mac.を除き、花茎は伸びるにつれて垂れ下がり、その先端に擬宝珠(ぎぼし)状に包葉をつけ、包葉が先部のつぼみを包む。花は各包葉の腋部(えきぶ)に2列につく。その花序の基部に雌花を、中央部に両性花を、先部に雄花をつける。雄花は雄しべ5本、雌花は雌しべ1本で、子房は3室。果実は、野生型は多くの種子をつけるが、栽培型には種子はほとんどない。種子は灰黒色、不斉の球形で径は3~4ミリメートル。各果房を果掌(かしょう)hand、各果実を果指(かし)fingerとよび、生食用種で長さ6~20センチメートル、径2.5センチメートルであるが、料理用種には長さ30センチメートル、径7センチメートルに達するものもある。果指数は20~3000、果色は淡黄から褐赤色で、香り、味ともに濃淡の変異が大きい。結果すると擬茎は枯れ、新しい擬茎が育つ。

[飯塚宗夫 2019年6月18日]

起源

バナナの起源は複雑で、近縁種も多い。おもな種は、東南アジアに分布するユームサEumusa節(染色体数2n=22、以下同じ)に属する十数種、ニューギニアに分布し、オーストラリムサAustralimusa節(2n=20)に属するフェイバナナほか数種、東南アジアに分布し、ロドクラミRhodochlamys節(2n=22)、あるいはカリムサCallimusa節(2n=20)に属する各数種がある。これらのうち食用種のおもなものは、ユームサのムサ・アクミナータM. acuminata Colla(2n=22, ゲノム式AA、以下同じ)と、ムサ・バルビシアナM. balbisiana Colla(2n=22, BB)を基本種としてできている。ムサ・アクミナータは、11本の染色体組を基本とするAゲノムをもち、栽培種には、2倍、3倍、4倍(AA, AAA, AAAA)の倍数関係がみられ、一般的に種子がない。この種子なし性は、種子がなくても果実が発育する単為結果性と、種子不稔(ふねん)性の形質とをあわせもつことによって発現する。ムサ・バルビシアナはBゲノムをもち、二倍体(BB)で種子ができる。これと、花粉は正常であるが種子ができないAゲノムをもつ各系統とを交雑し、種子なし性のABのほか、三倍性のAAB, ABBや、四倍性のAAAB, AABB, ABBBなどができ、広く栽培されてきた。なかでもAA, AAA, AAB, ABBにはよい品種が多い。

 これらは、果実に糖分が多く、生食に適する品種と、デンプンの多い料理用品種とに大別される。いずれもバナナと通称しているが、狭義には、前者をバナナ、後者をプランテインplantainとよんで区別する。フェイバナナはプランテインに属するが、生食もされる。

 バショウ属にはこのほかに、日本南部に芭蕉布(ばしょうふ)の原料となるイトバショウ(別名リュウキュウバショウ)が、フィリピンやボルネオには、マニラ麻の原料となるマニラアサManila hemp(別名アバカabaca)が分布し、いずれも食用バナナに近縁である。本属に近いエンセテ属Enseteはニューギニアからアフリカ中央部に分布し、擬茎からデンプンや繊維をとる種もある。

[飯塚宗夫 2019年6月18日]

栽培史

ニューギニアからインドシナ半島にかけては5000年から1万年の順化歴をもつ。初め野生のムサ・アクミナータ(AA)から単為結果性のある系統が選抜され、ついで受粉受精しても種子の発育しない種子不稔性がある系統が選抜され、完全な種子なしバナナが成立した。この種なしバナナの拡散とともに、ムサ・バルビシアナ(BB)との雑種や、三倍性、四倍性バナナができ、利用地域も東西に広がった。東は太平洋の島々からオセアニアに、西はインドに、またマダガスカルからアフリカにも伝わった。アレクサンドロス大王は東征時にインダス川上流で初めてバナナを見たが、ヨーロッパへの導入は1482年にギニアからポルトガル人によって行われた。新大陸には発見後まもなくスペイン人により、サント・ドミンゴに導入された。今日では亜熱帯や熱帯のもっとも一般的な果樹となり、生産と消費の両面から世界に普及した。

[飯塚宗夫 2019年6月18日]

栽培・品種

気温10℃以上の地方で、腐植質に富む排水のよい土壌に適する。繁殖は分げつ芽によるが、成長点培養法による無病繁殖苗も用いられている。定植は2.5~3メートル四方に1本とする。植え付け後1年で開花結実が始まる。更新は6年前後に行う。品種は多く、地方的な変異が多い。グローミッチェルGros Michel(AAA)は西インド諸島で産まれ、草丈も高く、果実が大きく豊産で香りもよい。しかし、パナマ病と斑葉(はんよう)病に弱く、風にも弱い。わずかに雌性稔性があり、雌性親として育種母材とする。台湾の北蕉(ほくしょう)はこれに類し、品質がよく日本向けとする。パナマ病にも強く、草丈は低く、豊産で味も比較的よいカーベンディッシュCavendish(AAA)が普及しているが、これは斑葉病とネマトーダ(線虫類)に弱い。二倍種(AA)ではバンクシーBanksii、マラッカエンシスMalaccensis、ミクロカルパMicrocarpaのほか数系統と、A・B雑種のサピエンタムSapientum系に品種が多い。

 世界の生産量(2016)は生食用バナナが1億1328万トン、料理用バナナ(プランテイン)が3506万トンで、前者はアジア、南アメリカ、中央アメリカに多く、とくにインド、中国、インドネシア、ブラジル、エクアドルに多い。後者はアフリカ、南アメリカ、アジアの順で、カメルーン、ガーナ、ウガンダ、コロンビアなどに多い。日本では生果96万トン(2016)を輸入するが、おもな輸入先はフィリピンが大半を占め(全輸入量の79%)、ついでエクアドル(同16%)である。

[飯塚宗夫 2019年6月18日]

加工・利用

輸出用は完熟前の果穂を収穫し、薬液による洗浄を行ったのち出荷される。輸入された未完熟果は室(むろ)に入れ、16.7~20.0℃のもとで1、2昼夜置いて呼吸を高め、果肉の糖化と果皮の黄化を促進する。促進が終われば逆に冷却処理をして、熟度の進行を抑える。

 果実は糖質(22.6%)、ビタミンB1・B2・Cのほか、カロチンを含み、また鉄、カルシウムなどの無機質もあり、生果実100グラム中に87カロリーを含む。生食のほか、サラダ、シャーベット、菓子材料などに用いるほか、ウイスキー、果実酒、アルコール原料にもする。乾燥果実として、菓子・煮食用ともする。料理用バナナは加熱処理をして食べるもので、皮のまま蒸し焼き、剥皮(はくひ)してトースト、煮込みなどと用途は広い。未熟の雄花部は野菜として広く用いられ、Bゲノムをもつ系統がよい。葉は包装に用い、擬茎からは繊維をとり、擬茎や地下茎部からは汁液をとり胃腸薬とする。

[飯塚宗夫 2019年6月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バナナ
〘名〙 (banana) バショウ科の大形の多年草。アジア熱帯地方の原産で、熱帯地域などで広く栽培されている。高さ一〇メートルに達することもある。葉は長楕円形でバショウによく似ているが大きく、二~三メートルにもなり、茎頂に八~一〇個つく。夏、葉間から淡黄色の単性花を二列につけた大きな花穂を下垂する。雌花は花穂の基部に、雄花は先端部につき、その間には中性花が生じるが、初めは皆赤紫色の苞に包まれている。果実は三稜状紡錘形で長さ一〇~三五センチメートル、花穂に十数段につき黄色に熟し、芳香と甘味があり栄養に富むので食用にされる。漢名、甘蕉・芭蕉。みばしょう。《季・夏》
※航米日録(1860)三「バナナと云ふ、我国の芭蕉実なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バナナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バナナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation