@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バビロン暦【バビロンれき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バビロン暦
バビロンれき
Babylonian calendar
前 30世紀後半頃からメソポタミアで行われたで,太陰太陽暦。年の初めは春分頃の新月の日を起点とする1月 (ニサヌ月 Nisannu) に始り,平年を 12ヵ月,すなわち,354日とし,閏年を 13ヵ月として太陽年に一致させた。閏年の場合,普通 12月 (アダル月 Addaru) を2度繰返して,あとのほうを第2のアダル月と呼んだ。しかし,ときには6月 (ウルル月 Ululu) を2度繰返したこともあり,また他の月を繰返したりして,その置閏法は一定しなかった。前6世紀の初め頃から8年3閏法 (8暦年は 99暦月から成る) が採用され,次いで前 383年に 19暦年7閏法 (19暦年は 235暦月から成る) に改められ,あとはずっとこの置閏法が続けられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バビロン暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バビロン暦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation