@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バビロン第1王朝【バビロンだいいちおうちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バビロン第1王朝
バビロンだいいちおうちょう
Babylon 1st Dynasty
古代メソポタミアの都市バビロンを首都とするアモリ人王朝 (前 1900頃~1600頃) 。この時代を古バビロニア時代と呼ぶ。最初の王スム=アブムはキシュ西方に位置するバビロン市を根城に確実に領地を奪い取り,6代目ハンムラビは父王シン=ムバリトより継承した王国を拡大,イシンラルサの2王朝を次々に陥落させ,全バビロニアの支配者となった。さらにエシュヌンナマリを制圧後,アッシリアを攻撃,治世 40年頃までにはアッシュール,ニネベを獲得した。その後継者サムスイルナの頃から周辺のアモリ人やカッシート人の侵入に悩まされ始め,最後の王サムスディタナは,タウロス山中から襲来したヒッタイト人フルリ人に敗れ,前 1600年頃王朝の幕を閉じた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バビロンだいいちおうちょう【バビロン第1王朝】
バビロンに創設されたアモリ(アムル)系王朝。前1894‐前1595年。開祖スムアブム(在位,前1894‐前1881)の後,スムラエル(在位,前1880‐前1845),サビウム(在位,前1844‐前1831),アピルシン(在位,前1830‐前1813),シンムバリト(在位,前1812‐前1793)と王位が継承される。このころまでのバビロンの支配圏は首都を中心に半径80kmを超えなかったと思われるが,次のハンムラピの治世第32年ころになってメソポタミアの主要部分(現在のイラクシリアの一部)を支配下に収め統一王国を築く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

バビロン第1王朝
バビロンだいいちおうちょう

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バビロン第1王朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バビロン第1王朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation