@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バヤジッド1世【バヤジッドいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バヤジッド1世
バヤジッドいっせい
Bayazid I
[生]1360頃
[没]1403.3. アクシェヒール
オスマン帝国第4代スルタン (在位 1389~1402) 。父ムラト1世コソボの戦い (1389) で倒れた直後に即位。「雷王」のあだ名をもつ武人で,セルビアに宗主権を確立,ワラキアを服従させたが,バルカン諸民族がハンガリー王のもとに対トルコ十字軍を編制したため,1396年ニコポリスで戦い (→ニコポリスの戦い ) ,勝利を得た。 1402年中央アジアから小アジアに西進したチムール (帖木児)とアンカラ郊外で戦って敗れ,捕虜となり,8ヵ月後に死亡。彼の死後オスマン帝国は一時空位時代を迎えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バヤジッド1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バヤジッド1世の関連情報

関連キーワード

徐寿輝バヤジト[1世]アンカラボーヌブー室町時代(年表)バヤジット(1世)ウースター(伯・侯家)ネッリパーシー辺文進

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation