@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バヤン

デジタル大辞泉

バヤン(〈ロシア〉bayan)
ロシア独特のボタン式鍵盤(けんばん)による大型アコーディオンバラライカとともに大衆的合唱舞踊には欠かすことのできない楽器

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バヤン【Bayan】
1246‐94
中国,元代初期の勲臣。バーリン部の人。イランのフレグ家から宗主フビライ(世祖)のもとに使して見いだされた。1274年(至元11)南宋征服軍の総司令官となり,76年南宋の首都臨安を無血開城させた。翌年カラコルムに派遣され,トゥルイ家諸王の反乱軍を撃破し,87年にはハイドゥを撃退して,モンゴル高原の確保に貢献した。有能のゆえに一時更迭もされたが,フビライ没後は皇太孫テムル(成宗)を擁立した。【杉山 正明

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

バヤン【Bayan】
中国,元代中・末期権臣生没年不詳。メルキト部の人。ハイシャンに従って対ハイドゥ戦に活躍,1307年(大徳11)帝位を継いだハイシャン(武宗)とともに中央政界に入った。以後要職を歴任,1328年(至和1)泰定帝が上都で没すると,キプチャク軍団長エル・テムルとむすんで大都(北京)で反乱おこし,武宗系の帝位回復に成功した。エル・テムル死後は,かわって独裁的権力を握ったが,実権奪回をはかる順帝に計られ失脚し自殺した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

バヤン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バヤンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation