@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バラクラバ暴風【ばらくらばぼうふう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

バラクラバ暴風
ばらくらばぼうふう

バラクラバは、黒海に臨むウクライナのクリミア半島にある大軍港セバストポリの南、約9キロメートルの所にある小さな港町である。1854年11月、クリミア戦争のおり、フランスの鋼鉄製の戦艦「アンリ4世」号がバラクラバ沖に停泊していたが、11月14日突然暴風に襲われ、7000トンの軍需品を積んだまま沈没してしまった。この暴風をバラクラバ暴風という。この遭難がきっかけとなって、パリ天文台長ルベリエの尽力により、暴風雨を予報するための天気図作業がフランスで始められた。世界で初めて日々の天気図が公刊されるようになったのは、9年後の1863年9月からであった。

[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バラクラバ暴風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バラクラバ暴風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation