@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バラ戦争【バラせんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バラ戦争
バラせんそう
War of the Roses
1455~85年イングランドのランカスター家とヨーク家との間で王位をめぐって戦われた内乱。両家の紋章がそれぞれ赤ばら,白ばらであったのでこの名があるが,実質的には百年戦争の敗北により大陸領土を失って引揚げてきた封建貴族の2派に分れての生存闘争。ランカスター家の王ヘンリー6世の病弱に乗じて,ヨーク家のリチャードは 55年セントオールバンズの戦い,60年ノーサンプトンの戦いでランカスター派を破って勢力を増大したが,61年ランカスター派に殺された。しかしリチャードの子ヨーク公エドワードは 61年タウトンの戦いでランカスター派を破ってヘンリー6世を廃位,みずからエドワード4世として即位ヨーク朝を樹立した。その後,エドワード登極に功のあったウォリック (伯)と対立し,ウォリックはフランスに逃れて,ランカスター派と結び,70年イングランドに侵入,エドワードを追放してヘンリー6世を復位させた。しかし 71年エドワード4世は勢力を回復,バーネットの戦いでウォリックを破って復位し,ヘンリー6世を殺した。 73年エドワード4世が病没して子の幼王エドワード5世が即位すると,叔父のヨーク公リチャードが新王を殺してリチャード3世として即位した。この間ランカスターの一族リッチモンド伯ヘンリー・チューダーが勢力を拡大,85年8月ボズワースの戦いでリチャード3世を敗死させ,ヘンリー7世として即位,チューダー朝を開いた。 86年王はエドワード4世の娘エリザベスと結婚して両家の和解をはかったので,翌年内乱は治まった。この戦いで封建貴族の勢力は衰え,王権が伸張,イングランドは絶対王政期に入った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バラ戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バラ戦争の関連情報

関連キーワード

宗砌康正膳城サマセット(公)カリクスツス3世タイポグラフィー県埋蔵文化財センターアンジェリコギベルティ享徳

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation