@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バリスカン造山運動【バリスカンぞうざんうんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バリスカン造山運動
バリスカンぞうざんうんどう
Variscan orogeny
古生代後期にヨーロッパに起こり,石炭紀からしだいに造山運動を受けて山脈化した一連の造山運動。バリスカン変動ともいう。この地域の南側は花崗岩貫入広域変成作用を受け,北側の地域は著しい褶曲運動を受けている。なおヨーロッパ全体の場合はヘルシニアン造山運動という言い方をよく用いる。また,バリスカン造山運動とほぼ同じ時期に世界各地でも著しい変動があった。ウラル山脈天山山脈アパラチア山脈などがその好例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バリスカン‐ぞうざんうんどう〔‐ザウザンウンドウ〕【バリスカン造山運動】
《ドイツのザクセンに住んでいた民族名〈ラテン〉Varisciに由来古生代後期に中部ヨーロッパを中心にして起こった造山運動。これにより、イギリス南部からフランス・ドイツにわたる地域とイベリア半島褶曲山脈ができた。ヘルシニア造山運動

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バリスカンぞうざんうんどう【バリスカン造山運動 Variscan orogenic movement】
古生代後期の造山運動。E.ジュースが《世界の顔Das Antlitz der Erde》(1888)の中で,ドイツ地域の古生代後期の褶曲山脈に〈バリスカン山脈〉と命名し,後にフランス地域のアルモリカン山地にまで拡張し,H.シュティレ(1924)以後広く世界各地の古生代後期の褶曲山脈を〈バリスカン造山帯〉とよぶようになった。バリスカンの名はドイツの古い民族バリスカーVariskerに由来する。バリスカン造山運動と同じ意味で,ヘルシニア造山運動Hercynian orogenic movementがイギリス,フランスなどで用いられるが,この名はドイツのハルツHarz山地に由来する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

バリスカン‐ぞうざんうんどう ‥ザウザンウンドウ【バリスカン造山運動】
〘名〙 (バリスカンはVariscan) 古生代の後半、石炭紀から二畳紀にかけて現在の中部ヨーロッパを中心に起こった造山運動。ヘルシニア造山運動。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリスカン造山運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バリスカン造山運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation