@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バリトン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バリトン
bariton
音楽用語。 (1) テノールとバスの中間男声の声種。音域はきわめて広く,声域音色によってハイ・バリン,バス・バリトンの2種に分けられる。 (2) 18世紀のビオル属の擦弦楽器。多数の共鳴弦を有する。 (3) 金管楽器のうちのバスに次ぐ低音域のもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バリトン(baritone)
テノールとバスとの間の男声音域。また、その声域の歌手。
同一種の楽器で、1に相当する音域をもつもの。「バリトンサックス」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バリトン【baritone】
ギリシア語のbarytonos(〈低い音の〉の)を語源とする音楽用語で,初め(16世紀に)はバスと同義に用いられ,最も低い声(部)を意味した。しかし,17~18世紀になると,5声以上の楽曲においてテノールとバスの間の声部を指すようになり今日にいたっている。男性の声種としては,およその声域はいからである。〈バスの威厳,力強さとテノールの輝きとを併せもち,男性の声種のうちで最も美しい〉(リーマン)とされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バリトン【baritone】
男声の中位の高さ、すなわちテノールとバスとの中間の音域。また、その音域を受け持つ歌手。
バリトンの音域の音を出す管楽器。また、特にバリトンサックスの略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バリトン
ばりとん
baritone英語
barytonフランス語
Baritonドイツ語
baritonoイタリア語
音楽用語。次の3種の用法がある。
(1)男声のなかでテノールとバスの間にある声種をいう。その音域はおよそG2-G4であるが、オペラにおいてはA4を歌うバリトン歌手もいる。バリトンはこのように声域が広いため、音域の高いほうをハイ・バリトンhigh b.、低いほうをバス・バリトンbass b.と区別してよぶこともある。
(2)数種の大きさがある同一楽器のなかで、バス楽器よりも一回り小さい楽器に対して、この名称を冠する(例、バリトン・サクソフォーン、バリトン・オーボエ)。これらの楽器の音域は、ほぼ人声のバリトンの声域に対応している。
(3)17~18世紀以降にみられる数種の音部記号のなかで、バリトン声部用に使用されるものをバリトン記号という。これにはハ音記号を用いて五線譜の第五線をC4音とするものと、ヘ音記号で第三線をF3音とするものの2種類ある。[黒坂俊昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バリトン
〘名〙 (Bariton)
① 西洋音楽で、男声のうち、テノールより低く、バスより高い音域の声。また、その音域をもつ歌手。
※ふらんす物語(1909)〈永井荷風〉霧の夜「昔はオペラの第二低音(バリトーン)を勤めたとやら」
② 管楽器でバスに次ぐ低音のもの。バリトンサックス、バリトンオーボエなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリトン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バリトンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation