@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バリャドリド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バリャドリド
Valladolid
スペイン北部,カスティリア・レオン州西部,バリャドリド県の県都。 11世紀末,アンスレス伯領となって以降急速に発展。その後 13世紀初めにカスティリア王国領に併合され,一時はその王宮がおかれた。 1469年カスティリアのイサベルアラゴンフェルナンドとの結婚がこの地で行われた。 C.コロンブスが死去した地で,コロンブス記念館がある。農産物集散が盛んで,カスティリア地方の商工業の中心をなす。工業は繊維,食品,機械など。 12世紀のサンタマリア教会,16世紀の大聖堂,1346年創立のスペイン最古の一つに数えられる大学がある。人口 32万 8365 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリャドリド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バリャドリドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation