@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バリ
Bari
イタリア南部,プーリア州州都。バリ県の県都でもある港湾都市アドリア海にのぞみ,ナポリから道路で東北東約 300kmに位置する。古くはギリシア人の植民都市で,ローマによる支配後も地中海東部地域との連絡上の重要なをなし,9~10世紀にはビザンチン文化の一中心地。 1071年にノルマン人により占領され,城壁や大聖堂などが建設された。巡礼聖地で,十字軍の出航地としても知られる。現在は食品,繊維機械,石油化学などの工業立地。旧市街は現在も城壁で囲まれ,11~12世紀建設のサン・ニコラ大聖堂や 13~16世紀の城などがある。人口 32万475(2011推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリ
Vali
北欧神話の神。オーディンと女巨人リンドの息子で「西の広間」で生れた。アリとも呼ばれる勇敢な神。バルドルが,盲目の兄弟ヘズルの投げた槍で殺されたときには,まだ生れたばかりだったが,手を洗い髪をすく前にヘズルを殺し,バルドルのを討った。ラグナレクのあとまで生残って,新世界を支配する運命をになう神々の一人であるとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バリ(Bari)
イタリア南東部、アドリア海に臨む港湾都市。果樹栽培や金属・機械などの工業が盛ん。かつて十字軍の船出港で、東方貿易により発展聖ニコラス教会など古い建築物がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

バリ
ビルケンシュトックが販売するサンダル

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばり【バリ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

バリ
(Bari) ⇒バーリ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation