@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バルチック艦隊【バルチックカンタイ】

デジタル大辞泉

バルチック‐かんたい【バルチック艦隊】
バルト海根拠地を置いた、ロシア帝国の主力艦隊日露戦争のときに東洋に回航され、1905年(明治38)5月の日本海海戦で日本連合艦隊に撃滅された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バルチックかんたい【バルチック艦隊】
ロシア連邦海軍の主要な艦隊の一つ。ロシアの艦隊中最も長い歴史をもつ。正称はバルト海艦隊Baltiiskii flot。ロシアとスウェーデンとの北方戦争(1700‐21)の初期に,ピョートル1世によって創設され,戦争終結時にはバルト海で最強の艦隊となった。1703年,ペテルブルグの建設開始とともに築き始められたクロンシロト(現,クロンシタット)要塞が,後に艦隊基地とされた。04年にはペテルブルグに海軍工廠が置かれ,水兵下士官養成も始められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バルチックかんたい【バルチック艦隊】
帝政ロシアのバルト海配備の主要艦隊。日露戦争中、旅順港に派遣され、1905年五月の日本海海戦で日本の連合艦隊に潰滅された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バルチック‐かんたい【バルチック艦隊】
バルト海に根拠地をおく旧ロシア帝国、旧ソ連邦、ロシア連邦の艦隊。日露戦争の際にその主力艦隊が極東に派遣され、明治三八年(一九〇五)五月の日本海海戦において日本の連合艦隊に攻撃され全滅した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

バルチック艦隊
バルチックかんたい
バルト海(Baltic Sea)に根拠を置いたロシアの主力艦隊
日露戦争に際し極東に派遣されたが,日本海海戦で壊滅的な打撃をうけた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルチック艦隊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バルチック艦隊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation