@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バルビゾン

デジタル大辞泉

バルビゾン(Barbizon)
フランス中北部の都市、フォンテンブローの近郊にある村。19世紀中頃、テオドール=ルソーミレーコローなど、後にバルビゾン派と呼ばれる画家たちが滞在し、風景や農民の生活を描いたことで知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

バルビゾン【バルビゾン】
Barbizon
フランスの首都パリ郊外の都市フォンテンブロー(Fontainebleau)近郊にある村。フォンテンブローの森に隣接している。パリのリヨン駅からフォンテンブローアヴォン(Fontainebleau Avon)駅で下車し、バスで約15分の場所にある。また、フォンテンブロー城から約10km離れた位置にある。19世紀に、この村にミレー(Jean-François Millet、1814~1875年)をはじめとする風景画家が集まり、この村を拠点に活動する画家たちはバルビゾン派と称された。◇このため、バルビゾンには、彼ら画家たちゆかりの観光名所があり、観光客を集めている。バルビゾン派の画家たちが宿泊した1824年開業の「ガンヌの宿屋」(l'auberge Ganne)はドラクロア(Ferdinand Victor Eugéne Delacroix、1798~1863年)も投宿したことで知られ、現在は県立展示館(Musée departemental)となっている。また、記念館としてミレーのアトリエが保存されている「ミレーの家」(Maison de Millet)や、テオドール・ルソー(Théodore Rousseau、1812~1867年)の住居兼アトリエ(Maison-Atelier de Rousseau)も記念館として公開されている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルビゾン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バルビゾンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation