@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バルフォア宣言【バルフォアせんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バルフォア宣言
バルフォアせんげん
Balfour Declaration
1917年 11月2日イギリス外相 A.バルフォアが,パレスチナにおけるユダヤ人の民族的故郷の建設を支持した宣言。バルフォアはそれをシオニズム運動の財政的な後援者であった L.ロスチャイルドにあてた書簡のなかで明らかにした。この内容は,16年にフランス,ロシア,イギリス間で結ばれた秘密条約であるサイクス=ピコ協定とは明らかに矛盾するものであったが,イギリス政府のねらいはユダヤ人世論を連合国側にひきつけ,あわせてユダヤ人のパレスチナ入植を通じて中東政策の布石を固めることであった。同宣言は 20年のサン・レモ会議でイギリスの正式政策とされ,22年に国際連盟がパレスチナ地方をイギリスの委任統治領としたとき,その前文に同宣言が含められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

バルフォア宣言
第1次世界大戦中の1917年11月2日、英国のアーサー・バルフォア外相が、富豪ロスチャイルド卿宛ての書簡にしたためた宣言。「パレスチナにユダヤ人の民族的郷土を樹立することを支持する」と明言した。英国がアラブ人の独立国家を支持した15年の「フサイン・マクマホン協定」、オスマン帝国が領有する中東地域を英仏ロ3国の勢力圏にするとした16年の「サイクス・ピコ協定」と合わせ、「三枚舌外交」と言われる。
(2017-11-14 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

バルフォア‐せんげん【バルフォア宣言】
《Balfour Declaration》第一次世界大戦中の1917年に、イギリス外相バルフォアが、ユダヤ系の富豪ロスチャイルド家に送った書簡で示したシオニズムへの支持表明。1915年のフサインマクマホン協定などと矛盾するとされる。→サイクスピコ協定
[補説]フサインマクマホン協定の示すアラブ人国家の領域に、バルフォア宣言がユダヤ人国家の地としたパレスチナは含まれず、これらは矛盾しないという見方もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バルフォアせんげん【バルフォア宣言】
第1次大戦中の1917年に,イギリス外相A.J.バルフォアが発表したもの。1916年のサイクス=ピコ協定およびフサイン=マクマホン書簡は,パレスティナに関するかぎり,フランスおよびアラブの発言権を認め,イギリスの意図する単独支配を困難にした。イギリスは,17年,この困難を克服する役割を,イギリスの支配下でパレスティナをユダヤ国家にしようともくろむシオニスト組織に見いだした。イギリスは,シオニスト指導部にフランスを説得させたうえで,11月2日,バルフォア外相から英国シオニスト連盟会長ロスチャイルド卿あての書簡の形で〈パレスティナにユダヤ人の民族的郷土を設立する〉のに賛成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

バルフォア宣言
ばるふぉあせんげん
Balfour Declaration

1917年11月2日、イギリス外相バルフォアが、第一次世界大戦に際してユダヤ人の支援を取り付けるため、戦後パレスチナにユダヤ人の国家を建設することに同意した宣言。これはユダヤ系イギリス人の銀行家でシオニスト連盟会長であるロスチャイルド卿(きょう)にあてた書簡のなかで表明された。しかしこの宣言は、アラブ人に戦後の独立国家建設を約束したフサイン‐マクマホン協定(1915)、イギリス、フランス、ロシアの間で中東のトルコ領分割を取り決めたサイクス‐ピコ協定(1916)のいずれとも矛盾するものであった。同宣言に対しアメリカはただちに、18年にはフランス、イタリアも支持を表明した。

[藤村瞬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

バルフォア宣言
バルフォアせんげん
Balfour Declaration
第一次世界大戦中の1917年11月2日,イギリス外相のバルフォアがユダヤ人の財政的協力を得る必要から発した宣言
パレスチナにユダヤ民族の民族的ホームの建設を認め,その目的達成のために努力することを約束するという書簡を,シオニスト連盟会長におくるという形で行われた。しかし,他方でフサイン−マクマホン協定(1915)によりアラブ民族の独立を承認していたため,アラブ・ユダヤ両民族のパレスチナ獲得をめぐる紛争をひき起こす原因となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルフォア宣言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バルフォア宣言の関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦レーニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation