@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バルフォア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バルフォア
Balfour, Arthur James, 1st Earl of Balfour
[生]1848.7.25. イーストロジアン,ホイッティングヘイム
[没]1930.3.19. サリー,ウォキング
イギリスの政治家。 1874年から保守党議員。 78年ソールズベリー (侯)外相の秘書となり,ベルリン会議随行。次いでソールズベリー内閣の地方自治相 (1885~86) ,アイルランド事務相 (87~91) などを経て,大蔵総裁 (91~92,95~1902) ならびに保守党下院首領となった。 1902~05年首相となり,内政では教育法 (02) ,アイルランド土地買収法 (03) などを成立させ,外交では英仏協商 (04) の締結努力した。第1次世界大戦中海相 (15~16) ,外相 (16~19) として入閣。戦後パリ講和会議 (19) ,ワシントン会議 (21~22) に代表として出席。 19~22,25~29年枢密院議長。 22年伯爵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルフォア
Balfour, Francis Maitland
[生]1851.11.10. エディンバラ
[没]1882.7.19. モンブラン
イギリスの動物学者。ケンブリッジ大学卒業。 1873年よりナポリ海洋研究所で脊椎動物について泌尿器の発生過程などを研究。この研究は,無脊椎動物から脊椎動物が進化してきたことを裏づける決定的な資料を提供した。 76年からケンブリッジ大学で動物形態学を講じ,また初の総括的な比較発生学の教科書である『比較発生学』A Treatise on Comparative Embryology (1880~81) を書いた。彼は発生学の基礎を築いた一人とされている。モンブラン登山中に事故死。政治家 A.バルフォア

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルフォア
Balfour, Robert
[生]1550?. フォーファーシャー
[没]1625以後
スコットランド出身の古典学者,教父学者。ラテン名は Robertus Balforeus。スコットランドの宗教改革を逃れてフランスに渡り,パリ大学での論争で名をあげた。アリストテレスの『オルガノン注解』(1616),『倫理学注解』(1620)などを著した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バルフォア(Arthur James Balfour)
[1848~1930]英国の政治家。1902~1905年の首相在任中に英仏協商を締結。第一次大戦中、外相としてユダヤ民族のパレスチナ復帰を支持する「バルフォア宣言」を発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バルフォア【Arthur James Balfour,1st Earl of Balfour】
1848‐1930
イギリスの保守党政治家。1874年下院に入り,伯父ソールズベリー首相のもとで,86‐87年スコットランド相,87‐91年アイルランド相,91‐92,95‐1902年保守党下院院内総務を歴任。1902年同首相引退後政権を引き継ぎ,教育法,アイルランド土地購入法を成立させる一方,04年英仏協商を締結して孤立政策から同盟政策への転換を図った。翌年J.チェンバレンの関税改革論をめぐる閣内不統一から辞職。第1次世界大戦中は連立内閣に海相(1915‐16),外相(1916‐19)として入閣,17年ユダヤ人のパレスティナ復帰を支持する〈バルフォア宣言〉を行い,19年パリ講和会議に全権の一人として出席した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バルフォア【Arthur James Balfour】
1848~1930 イギリスの政治家。首相(1902~1905)として英仏協商の締結、日英同盟の更新などを行なった。第一次大戦中の1917年、外相としてパレスチナにおけるユダヤ民族国家建設を支持する「バルフォア宣言」を発表。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バルフォア
(Arthur James Balfour, 1st Earl of Balfour アーサー=ジェームズ━、ファースト=アール=オブ━) イギリスの政治家。保守党員。一九〇二~〇五年首相。英仏協商締結に尽力。第一次世界大戦中(一九一七)外相としてバルフォア宣言を発表し、ユダヤ人のパレスチナ復帰、建国を約束。パリ講和会議、国際連盟総会、ワシントン軍縮会議代表。(一八四八‐一九三〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

バルフォア
Arthur James Balfour
1848〜1930
イギリスの政治家
保守党員。1902年首相となり,外交では日英同盟・英仏協商の締結に努力。1917年外相として,ユダヤ民族の建国を認めるバルフォア宣言を発した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルフォア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バルフォアの関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation