@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バロー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バロー
Barrault, Jean-Louis
[生]1910.9.8. ベジネ
[没]1994.1.22. パリ
フランスの俳優,演出家。画家を志してパリに上るが,1931年から C.デュランの劇団アトリエ座に学ぶ。『母をめぐりて』など前衛的習作ののち,40年コメディー・フランセーズに入り,P.クローデルの『繻子の靴』 (1943) などを演出,自演。 46年妻ルノーとともにマリニー座本拠とする自身の劇団を結成フランス演劇の第一人者として『ハムレット』や F.カフカの『審判』など,古典から現代戯曲まで幅広い舞台を見せた。またパントマイム役者として知られ,『天井桟敷の人々』 (45) など多数の映画にも出演。 59年テアトル・ド・フランスの初代監督となり,E.イヨネスコの『』 (60) などで成功したが,68年の「五月危機」で地位を失った (→オデオン座 ) 。その後モンマルトルの元レスリング・ホールで『ラブレー』 (68) を,旧オルセー駅を改造した劇場で P.クローデルの『バレアレス諸島の風の下で』 (72) などを上演したのち,80年シャンゼリゼの元スケート・リンクに新たな劇場を得た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バロー
Barrot, (Camille-Hyacinthe-) Odilon
[生]1791.7.19. ロゼール,ビルフォール
[没]1873.8.6. セーヌエオアーズ,ブジバル
フランスの政治家。王政復古期に立憲君主派としてルイ・フィリップ支持七月王政議会では王朝的左翼として 1846~47年の改革宴会の組織者の一人となった。ルイ・ナポレオン (ナポレオン3世) によって首相に任命された (1848~49) が,そのクーデターに反対して政界を去った。第二帝政崩壊後 L.ティエールによって国事院の国務参事官に任命された (72) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バロー
Barrow, Errol Walton
[生]1920.1.21. バルバドス
[没]1987.6.1. ブリッジタウン
バルバドスの政治家。ハリソンロンドン両大学卒業。弁護士を経て,1949年イギリス領バルバドスの議会議員に当選。 55年民主労働党の結成に参加し,58~76年同党党首。 61年自治政府の首相となり,独立達成後 66年 12月の総選挙で再選され,初代首相となった。 71年3選され,76年まで政権を担当し,さらに 86年政権に返り咲いたが,在職中に死亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バロー
Barrow, Isaac
[生]1630.10. ロンドン
[没]1677.5.4. ロンドン
イギリスの数学者。ケンブリッジ大学文学科学哲学を学ぶ。 1662年ロンドンのグレシャム・カレッジ幾何学教授,63年からケンブリッジに新設されたルーカス数学教授。 69年ロンドンの勅任牧師となるため辞任,ニュートンを継いだ。ルーカス教授として,数学の基礎,無限小解析,光学について講義を行う。光学の講義はニュートンに影響を与えたといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バロー(Barrow)
米国アラスカ州最北部の町。同国最北端のバロー岬がある。エスキモー住民大半を占める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バロー(Jean-Louis Barrault)
[1910~1994]フランスの俳優・演出家。古典から前衛劇まで幅広い演目を扱い、特に舞台芸術総合をめざす全体演劇主張。「天井桟敷の人々」など映画出演も多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

バロー
株式会社バローが展開するスーパーマーケットチェーン。主な出店地域は中部地方創業は1958年。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

バロー
正式社名「株式会社バロー」。英文社名「VALOR CO., LTD.」。小売業。昭和33年(1958)「株式会社主婦の店」設立。同45年(1970)「株式会社主婦の店バロー」に改称。同49年(1974)現在の社名に変更。本社は岐阜県多治見市大針町。スーパーマーケット。中部・北陸地区地盤。ドラッグストアやホームセンターなども展開。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード9956。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バロー【Jean‐Louis Barrault】
1910‐94
フランスの俳優,演出家。薬剤師の子として生まれ,初め画家を志したが,1931年演出家C.デュランの門下生となりアトリエ座で俳優修業を始める。そのかたわら,E.ドクルーにマイム(ミーム)を学び,またA.アルトーに兄事して,その演劇論の影響を受けた。35年に演出・主演したW.フォークナー原作の《母をめぐりて》は,アルトーから激賞された。同年アトリエ座から独立。そして37年,セルバンテス作《ヌマンシア》上演の際の劇詩人P.クローデルとの出会いが,全体演劇を志向する演劇人としての彼の方向を決定づけることとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

バロー
生年月日:1791年7月19日
フランスの政治家
1873年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バロー
(Barrow) アメリカ合衆国アラスカ州の北極海岸にある町。居住者の大半がエスキモー(イヌイット)。北方三〇キロメートルにバロー岬がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バロー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バローの関連情報

関連キーワード

誘導尋問公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕反対尋問

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation