@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バンゼ

世界大百科事典 第2版

バンゼ【Ewald Banse】
1883‐1953
ドイツの地理学者。ブラウンシュワイク生れ。F.vonリヒトホーフェンとA.キルヒホフに学び,1906年以降,トリポリエジプト,小アジア,リビアモロッコなどを研究旅行し,オリエント研究を生涯の課題とする。《エジプト》(1909),《オリエント》(1910),《トルコ》(1915),《砂漠,椰子,バーザール》(1921),《ハレム,奴隷,隊商》(1921),《千一夜》(1924)のほかに,《印象主義と地理学》(1920),《新地理学》(1922‐25),《景観地表の精神》(1921),《地理学辞典》(1923)などを著し,地理的要素の生きた総体としての景観研究には,要素の客観的分析よりも,むしろ芸術的直観が必要とし,各文化景観に特有の〈形態への意志〉に迫るべきことを強調した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

バンゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バンゼの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生アトランタ・ブレーブス単層日本自由党

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation