@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バンドネオン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バンドネオン
bandoneon
フリー・リード楽器一種。箱型でフィンガーバトンで奏される複動作用のアコーディオンで,ドイツのクレフェルト楽団のハインリヒ・バントが初めて使った。現在アルゼンチンタンゴを演奏するとき,おもなソロ楽器として使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バンドネオン(〈スペイン〉bandoneón)
アコーディオンと同属のリード楽器。ボタン式の鍵盤(けんばん)をもち、主にアルゼンチンタンゴに用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バンドネオン【bandoneon】
アコーディオン(フリー・リードを手動ふいごで鳴らす楽器)の一種で,ピアノ式鍵盤は用いず,方形の長い蛇腹の両端にあるボタン式の鍵でバルブを操作する。アコーディオンをにして19世紀の前半にドイツで考案され,後半にアルゼンチンに移入された。鋭い明快なスタッカートが可能で深味のある音色をもち,タンゴに適したため,タンゴに不可欠な楽器として発達した。右手側高音部に38鍵,左手側低音部に33鍵があり,蛇腹を伸ばしたときと縮めたときで同一ボタンが別の音を出す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

バンドネオン
ばんどねおん
bandoneon

フリーリードの気鳴楽器の一種。1840年代にドイツのクレーフェルトのバントHeinrich Band(1821―60)がアコーディオンに基づいて発明した。四角形の蛇腹の両端にボタン式の鍵盤(けんばん)が取り付けられており、左手側が低音で単音のみ、右手側が高音で和音も演奏できるようになっている。右手親指のところに空気弁の開閉レバーがついている。音域は3オクターブで、音色はアコーディオンより重厚である。19世紀後半にアルゼンチンにもたらされ、タンゴ・アンサンブルの主要な楽器となった。鋭いスタッカートの表現に優れており、タンゴのリズムを際だたせる楽器である。

[卜田隆嗣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バンドネオン
〘名〙 (bandoneón) リードオルガン属の楽器の一つ。アルゼンチンタンゴに用いられる、アコーディオンに似た旋律楽器で、ボタン式の鍵盤を使用して演奏する。
※残夢(1939)〈井上友一郎〉七「やはらかいバンドネオンと鋭いクラリオネットの音色で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンドネオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バンドネオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation