@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バーガバタ・プラーナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バーガバタ・プラーナ
Bhāgavata-Purāṇa
インドのプラーナ聖典の一つ。成立年代に関しては諸説があり,内容のうえでも新旧があり確定的ではないが,およそ 10世紀の頃であると推定されている。全体は 12編に分れ,宇宙成立論,王統系譜神話伝説をも含んでおり,ヒンドゥー教の一派ビシュヌ派のうち,特にバーガバタ派において重要視される。また,インドの思想家たちもしばしばこの文献から引用しており,さらにネパールでも重んじられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バーガバタ・プラーナ
ばーがばたぷらーな
Bhāgavata-purāa

ヒンドゥー教の諸種のプラーナ(聖典)文献のなかでとくに有名なものの一つ。10世紀ころに成立。標題は「(ビシュヌ神をバガバット〈神〉として信奉する)バーガバタ派のプラーナ」を意味し、内容上『ビシュヌ・プラーナ』とはとくに密接な関係を有する。プラーナ文献としての成立は遅いが、材料という点ではきわめて古く、叙事詩『マハーバーラタ』との共通部分などももつ。本書は12巻1万8000詩節からなる。

 その内容は、ビシュヌの化身(けしん)、宇宙と人間の創造・起源、人間の目的、サーンキヤ学派の開祖カピラの伝記、マヌの降下とその子孫、世界の構成、世界の終末などであるが、とくにクリシュナの生涯を描く第10巻は人気があり、古来親しまれてきたものである。『ビシュヌ・プラーナ』に依存するところが大きいとはいえ、言語・文体・韻律などの点で、他のプラーナにはない統一性を示し、文学的に高い評価を得ている。また、本書はとくにバクティ(神との合一)信仰の高揚に貢献した書物として重要性を有する。

[矢島道彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーガバタ・プラーナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーガバタ・プラーナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation