@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バーガー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バーガー
Berger, Victor Louis
[生]1860.2.28. ニーダーリーバハ
[没]1929.8.7. ミルウォーキー
オーストリア生れのアメリカの社会主義者。 1878年アメリカへ移住,ミルウォーキーで新聞発行,政治活動を行い,E.デブズらと社会党創立 (1897) に努めた。 1911年ウィスコンシンから,社会主義者として初めて連邦下院議員に当選。第1次世界大戦へのアメリカの参戦に反対したため,18年議席を否認された。 23年再選され 28年まで連邦下院議員をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーガー
Burger, Warren Earl
[生]1907.9.17. アメリカ,ミネソタセントポール
[没]1995.6.25. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカの法律家。 1931年セントポール法科大学卒業。 53年 D.アイゼンハワー政権下で司法省法務官に就任,56年ワシントン・コロンビア特別区控訴裁判所判事に任命された。 R.ニクソン大統領と古くから親交をもち,69年5月に第 15代最高裁判所長官に任命され,86年まで在職。ニクソンの「法と秩序」の守護者とみられたが,実際にはそれほど保守的ではなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バーガー
ばーがー
Peter L. Berger
(1929― )

アメリカの社会学者。ヒューマニスティックなスタイルをとるアプローチとパースペクティブ(人間論的視角)や現象学的社会学の視点などで知られる。ウィーンに生まれ、1946年以降はアメリカに在住している。ワグナー・カレッジで哲学を学び、ニューヨークにあるソーシャル・リサーチのためのニュー・スクールNew School for Social Researchの大学院では社会学を学び、学位を受ける。ジョージア大学で教職につき、のちに前記のニュー・スクールの大学院に奉職、1966年には教授となり1970年まで在職。ラトガース大学に移り社会学の教授。その後、ボストン大学の社会学の教授。1985年からは同大学の経済文化研究所Institute for the Study of Economic Culture(のちに文化・宗教・世界情勢研究所Institute on Culture, Religion, and World Affairsに改称)の所長を務める。バーガーのアプローチと方法には、ニュー・スクールで師事した現象学的社会学で広く知られているシュッツの影響が強いが、社会学や哲学の広い視野で知識社会学、宗教社会学、比較社会学の領域を中心に人間に的を絞って社会的現実の多次元的研究が行われている。モダニティ(近代性)にも関心が深い。バーガーには実存の視点と社会学的人間学へのアプローチがみられ、社会学は意識の一形態としても理解されている。『社会学への招待』(1963)などがよく知られているが、共著を含めて著書が多い。

[山岸 健]

『P・L・バーガー、T・ルックマン著、山口節郎訳『日常世界の構成 アイデンティティと社会の弁証法』(1977・新曜社)』『P・L・バーガー、B・バーガー、H・ケルナー著、馬場伸也・高山真知子・馬場恭子訳『故郷喪失者たち 近代化と日常意識』(1977・新曜社)』『水野節夫・村山研一訳『社会学への招待』(1979・思索社/普及版・2007・新思索社)』『P・L・バーガー著、薗田稔訳『聖なる天蓋 神聖世界の社会学』(1979・新曜社)』『P・L・バーガー、B・バーガー著、安江孝司他訳『バーガー社会学』(1979・学習研究社)』『P・L・バーガー、H・ケルナー著、森下伸也訳『社会学再考 方法としての解釈』(1987・新曜社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バーガー
〘名〙 (burger) 「ハンバーガー」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バーガー(burger)
ハンバーガー」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーガー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーガーの関連情報

関連キーワード

万延第二帝政ラトビアフランス史(年表)北京条約オランダ商館日記カニッツァーロ天津香港マイブリッジ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation