@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バージャー石窟【バージャーせっくつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バージャー石窟
バージャーせっくつ
Bhājā Caves
インド西部,ムンバイ (ボンベイ) の東南約 130kmにある仏教石窟寺院。全 20ほどにも及ぶ石窟のうち第 12チャイティヤ窟と第 19ビハーラ窟は前2世紀中頃に属し,インド最古のものの1つとして著名。他はその後およそ3世紀間に開掘されたらしい。第 12窟は木造建築の形を忠実に模しており,身廊の奥にストゥーパ (仏塔) を安置し,壁画痕跡が認められる。第 19窟は方 5mほどの広間を主体とする小窟ながら,壁面には馬車に乗った人物,広間には武人像などの浮彫がある。第 19窟の北方に密集して計 14基の小ストゥーパが残っており,高僧たちの墓であろうといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バージャー石窟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バージャー石窟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation