@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バーデン・バーデン【バーデンバーデン】

日本大百科全書(ニッポニカ)

バーデン・バーデン
ばーでんばーでん
Baden-Baden

ドイツ南西部、バーデン・ウュルテンベルク州の温泉保養都市。人口5万2700(2000)。シュワルツワルト山地北部のオース川の谷沿いにある。市内に約20の温泉が湧出(ゆうしゅつ)し、ローマ時代の浴場跡も残る。中世にはバーデン辺境伯の居地となるが、17世紀初頭に戦乱で壊滅した。18世紀中ごろから復興し、ヨーロッパの代表的社交場の一つとなった。温泉療養施設、ホテル、カジノ、美術館、劇場などが整備され、遊歩道や公園、緑地も広いので、国際会議開催地となることも多い。ライン川低地に臨む西部には、電気機器、鉄鋼、機械、化粧品などの工場がある。

[朝野洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーデン・バーデン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーデン・バーデンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation