@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バーナム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バーナム
Barnum, Phineas Taylor
[生]1810.7.5. コネティカットベセル
[没]1891.4.7. コネティカット,ブリッジポート
アメリカの興行師。 1842年アメリカ博物館を開設し,美女コンテストやさまざまの演芸を上演し,センセーショナルな展示を行なった。また 71年から 20年間,毎年春のマジソン・スクエア・ガーデンにおける興行を皮切りに,アメリカ各地を巡業したサーカス「地上最大のショー」の興行者として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーナム
Burnham, Daniel H.
[生]1846.9.4. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ヘンダーソン
[没]1912.6.1. ドイツ,ハイデルベルク
アメリカ合衆国,シカゴ派の建築家,都市計画家。フルネーム Daniel Hudson Burnham。シカゴの設計事務所での見習いを経て 1873年に独立,ジョン・W.ルートと共同設計事務所を開設した。シカゴの 10階建てのモントーク・ブロック(1881~82)は最初の摩天楼と呼ばれ,かつ基礎構造や耐火の面からの先駆的作品となった。1891年,1893年にシカゴで開催されたコロンブス世界博覧会に顧問建築家として参画し,1894年アメリカ建築協会の会長の座につき,1901年に首都ワシントン・コロンビア特別区の大計画を司る上院公園委員会の議長に迎えられた。さらに,クリーブランド(1903),サンフランシスコ(1904),フィリピンのマニラ(1905),シカゴ(1909)など各都市の都市計画を作成して,20世紀初頭の都市美運動を先導した。他の代表作に,モナドノック・ビル(1891),メーソニック・テンプル(1891~92),リライアンス・ビル(1890~95)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーナム
Burnham, Edward Levy Lawson, 1st Baron
[生]1833
[没]1916
イギリスの新聞経営者。父のを継いで『デーリー・テレグラフの経営にあたり,同紙の発展向上に大きく寄与した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーナム
Burnham, James
[生]1905.11.22. シカゴ
[没]1987.7.28. コネティカット,ケント
アメリカの政治評論家。 1929年ニューヨーク大学哲学科教授などを経て 1955年以降『National Review』誌編集委員などを歴任。初めは労働運動にかかわり,共産主義を信奉していたが,のちに転向した。経営と所有との分離を指摘して,現代社会では官僚や経営者が革命の主体だとする経営者革命論を唱えたことがよく知られている。 1983年大統領自由勲章を授与される。主著は『経営者革命』 The Managerial Revolution (1941) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーナム
Burnham, Linden Forbes Sampson
[生]1923.2.20. キティービレッジ
[没]1985.8.6. ジョージタウン
ガイアナの政治家。 1944年ロンドン大学卒業。 48年裁判官,53年文相,57,61年国会議員,61~64年野党の人民民族会議党首。 64~66年首相。 66年5月ガイアナ独立後も首相に留任。 80年から大統領。在任中に病没

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーナム
Varnum, James Mitchell
[生]1748.12.17. マサチューセッツ,ドレイカット
[没]1789.1.10. オハイオ,マリエッタ
アメリカの法律家,軍人。アメリカ独立戦争では大陸軍准将,民兵軍少将としてロードアイランドを中心に活躍。大陸会議への代表 (1780~82,86,87) 。 1787年北西部領地の連邦判事となりオハイオに移住して,北西部の法律整備に貢献した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バーナム(Birnam)
英国スコットランド中部の町。テー川を挟んでダンケルドと向かい合う。19世紀末、鉄道開通に伴い建設されたビクトリア朝時代の町。児童文学「ピーターラビット」の作者ポターが少女時代に訪れたことで知られ、ポターに関する資料館がある。シェークスピア悲劇マクベス」にも登場する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バーナム【Daniel Hudson Burnham】
1846‐1912
アメリカの建築家,都市計画家。ヘンダーソン生れ。ジェニー助手を経て,1873年シカゴにルートJohn Wellborn Root(1850‐91)と共同事務所を構え,同市内にモントーク・ビル(1882)をはじめ,モナドノック・ビル(1892)やリライアンス・ビル(1894)など,高層建築の初期代表作を建てた。これらの作品はルートがおもに設計したもので,彼の没後は古典主義様式に転じ,多くの商業建築をつくった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

バーナム【James Burnham】
1905‐87
アメリカの政治・経済評論家。シカゴに生まれ,プリンストン大学とオックスフォード大学を卒業後,1932‐54年ニューヨーク大学の哲学教授を務めた。1930年代トロツキズムに共鳴して運動に参加したが,40年に絶縁。41年に著した《経営者革命》においてバーナムが〈経営者革命managerial revolution〉の語を用いて主張したことは,資本主義的社会形態の衰退にとって代わるものは,決してマルクス主義的社会主義ではなく,〈経営者社会manegerial society〉だとするものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

バーナム【Phineas Taylor Barnum】
1810‐91
アメリカの興行師。人担ぎの名人。1835年,盲目でのない黒人女をジョージ・ワシントンの乳母で当年161歳と称して見世物にし,興行界に打って出た。41年,〈アメリカ博物館〉を買い取り,小人のトム・サム,フィジー人魚などの珍しい呼物や,〈スウェーデンナイチンゲール〉と呼ばれたジェニー・リンドJenny Lind(1820‐87)の興行で成功。71年,この博物館と曲馬団を合わせた形の大サーカスを組織,〈地上最大のショー〉に仕上げ,アメリカ・サーカス黄金時代をもたらした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

バーナム
ばーなむ
James Burnham
(1905―1987)
アメリカの社会思想家、政治哲学者。シカゴ生まれ。プリンストン大学、オックスフォード大学に学び、ニューヨーク大学教授(1932~1953)を経て、1955年以降『ナショナル・レビュー』National Review誌の編集者。30歳代前半は熱烈なトロツキストとして活躍したが、その後マルクス主義から離れ、リベラルな反共主義者となった。彼の立場は主著『経営者革命』The Managerial Revolution(1941)によく表れている。彼は同書で、マルクス主義者が主張する資本主義から社会主義への歴史的必然性を否定し、経済体制のいかんにかかわらずテクノクラートが支配する社会が到来するであろうと説いた。こうした立場は、「第三の社会体制」論とよばれたが、ソ連の崩壊、冷戦の終結によって、結果的にその主張の正しさが立証された形になった。原直樹]
『武山泰雄訳『経営者革命』(1965・東洋経済新報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーナム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーナムの関連情報

関連キーワード

クライストブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)スペイン独立戦争パッフ(Johann Friedrich Pfaff)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation