@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バーモント

大辞林 第三版

バーモント【Vermont】
アメリカ合衆国北東部の州。北はカナダと国境を接する。林業・酪農が盛ん。州都モントピーリア。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

バーモント
《Vermont》アメリカ海軍の戦艦。コネチカット級の前弩級戦艦。船体識別番号はBB-20。1905年進水、1907年就役。グレート・ホワイト・フリートの世界一周航海(1907~09年)に参加。1920年退役。1923年、スクラップとして解体。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バーモント
ばーもんと
Vermont
アメリカ合衆国、ニュー・イングランド地方の州。面積2万4887平方キロメートル、人口60万8827(2000)。州都モントピーリア。州名は、フランス語の「緑の山」に由来する。北をカナダ、東をニュー・ハンプシャー州、西をニューヨーク州、南をマサチューセッツ州と接し、東境をコネティカット川が流れ、西境にシャンプレーン湖がある。州土の60%を森林が占め、中央部を南北にグリーン山脈が走り、北東部にホワイト山地、南西部にタコニック丘陵、北西部にシャンプレーン湖谷が広がる。気候は温帯に属すが、地域によって多様に変化し、山岳地域の冬はとくに厳しく、積雪量が多い。肥沃(ひよく)な土地には恵まれないが、コネティカット川流域やシャンプレーン湖谷を中心に大規模な酪農が発達し、市場向け野菜、リンゴなど果樹栽培が盛ん。メープル・シロップはとくに名高い。また、鉱物資源にも恵まれ、滑石は全米第1位、アスベストは第2位の産出高を誇り、バーモント産の御影石(みかげいし)、大理石は広く全国に名を馳(は)せている。近年、ウィンザー・スプリングフィールドを中心に機械・コンピュータ部品・プラスチック・食品加工工業の進出が著しく、豊かな自然は観光産業を大きく支えている。
 1609年にフランス人シャンプレーンが初めて探検に入り、66年にはフランスの、1724年にはイギリスの入植が始まった。フレンチ・アンド・インディアン戦争(1755~63)後の1763年、イギリスの統轄下に入る。独立戦争ではE・アレン率いる義勇団グリーン・マウンテン・ボーイズが活躍し、1777年独立宣言を発し、91年に独立13州を除いて最初の州として合衆国に加わった。数多くの山や川など美しい自然に囲まれ、ニュー・イングランド地方独特の風景が多くの行楽客を魅了し、登山、ハイキング、キャンプ、スキーなど四季を通じて楽しむことができる。ベニントン大学、ミドルベリー大学、バーモント大学が教育の中核をなす。主要都市はバーリントン、ラトランド、サウス・バーリントン、バリーなどである。[作野和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バーモント
(Vermont) アメリカ合衆国北東部の州。州都モントピリア。酪農林業が盛ん。また、石材の産地としても知られる。ニューイングランド地方唯一の内陸州。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーモント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーモントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation