@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バーラタ・ナーティヤム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バーラタ・ナーティヤム
Bhārata Nātyam
インド四大古典舞踊の一つで,なかでも最も古く,完成された形式をもつ舞踊。前 1000年頃から南インドのタミルナードゥ地方を中心に,ヒンドゥー教寺院の儀式のなかで,デーバダーシ devadassi (神の召使) という女性による奉納舞踊として行われていた。インド演劇・舞踊の聖典である『ナーティヤ・シャーストラ』の理論と技法を継承するもので,名称は「バーラタの踊り」の意。バーバ (表現,象徴) ,ラーガ (メロディ) ,ターラ (リズム) の3要素をもつ。女性の独舞で演じられ,足でターラを,体と腕でラーガを,指先のムドラーという表現方法や顔・目の動きでバーバを表わしながら,『ラーマーヤナ』やクリシュナ神,シバ神などを題材とした演目を踊る。全体は6つの部分から構成され,アラリップという神への祈願の踊りに始り,美しいポーズをさまざまにみせるティラナ (バレエのコーダにあたる) で終る。音楽は太鼓,シンバル歌い手による歌から成る。 20世紀に入ってからは舞台芸術として盛んになり,デーバダーシ制度は廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーラタ・ナーティヤム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーラタ・ナーティヤムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation