@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バーラタ族【バーラタぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バーラタ族
バーラタぞく
Bhārata
インド,『リグ・ベーダ』時代の有力な部族サラスバティー川とヤムナー川との間に定住した。叙事詩マハーバーラタ』は,この部族の後裔たちの争いを主題としたもの。この物語からインド人は,インドのことをバーラタバルシャ (バーラタ族の国) ,バーラタ,現代語でバーラト Bhāratと呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

バーラタ族
バーラタぞく
Bhārata
古代インドの部族名
アーリア人の一部族で,パンジャーブ地方に定住し,のち強大な国家を建設したといわれる。叙事詩『マハーバーラタ』は,この統一国家の成立過程をうたったもの。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーラタ族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーラタ族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation