@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

バールー‐シューバール【ばーるーしゅーばーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

バールー‐シューバール
ばーるーしゅーばーる
Wahl Sjwall
スウェーデンの推理小説家。ペール・バールーPer Wahl(1926―75)、マイ・シューバールMaj Sjwall(1935― )の夫妻共作コンビ。夫のバールーは、イョーテボリ生まれ。ルンドの高校を卒業後、新聞、雑誌社に勤務。妻のシューバールはストックホルム生まれ。ジャーナリズムとグラフィックの専門学校を卒業後、新聞、雑誌社に勤務。1962年に2人は結婚し小説の合作を始める。65年、スウェーデンの首都ストックホルムを舞台に、市警殺人課刑事マルティン・ベックMartin Beckを主人公にした警察捜査小説『ロゼアンナ』を発表。以後、人気シリーズとして年1作ずつ書き続けられた。錯綜(さくそう)する事件を捜査していく警察の活動がリアルに物語られているばかりか、シリーズを通してスウェーデンの風俗や政治・社会情勢の移り変わりなども描かれており、世界各国語に訳され高い評価と人気を得た。第四作『笑う警官』(1968)でMWA(アメリカ探偵作家クラブ)長編賞を受賞した。1975年に夫のバールーが亡くなったため、第十作目にあたる『テロリスト』(1975)でシリーズは幕を閉じた。バールー個人の作品には、ほかにペーター・ジェンセン警部を主人公にした犯罪小説が5作ある。シューバールは1990年にオランダの推理作家協会会長のトーマス・ロスTomas Ross(1944― )との合作で『グレタ・ガルボに似た女』を発表した。[吉野 仁]
『高見浩訳『ロゼアンナ』『笑う警官』『消えた消防車』『密室』『テロリスト』(角川文庫) ▽マイ・シューヴァル、トーマス・ロス著、木村由利子訳『グレタ・ガルボに似た女』(角川文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バールー‐シューバール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バールー‐シューバールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation