@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パイジェロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パイジェロ
Paisiello, Giovanni
[生]1740.5.9. タラント
[没]1816.6.5. ナポリ
イタリアの作曲家。 1755~59年ナポリのサント・オノフリオ音楽院に学び,63年以来オペラ作曲家として活躍。 76年よりペテルブルグでロシア女帝エカテリーナ2世に仕え,『セビリアの理髪師』 (1782) などを上演。 84年ナポリに戻りフェルディナンド4世の宮廷楽長となり,数多くのオペラを発表。 1802~03年ナポレオンに仕えたため,革命後おもな地位を奪われ,不遇な晩年をおくった。『水車小屋の娘』 (88) ,『ニーナ』 (89) ほか 100曲以上のオペラと宗教曲,器楽曲を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パイジェロ【Giovanni Paisiello】
1740‐1816
18世紀後半を代表するイタリア喜歌劇の作曲家。ナポリで教育をうけ,喜歌劇(オペラ・ブッファ)の作曲家として名声をあげたのち,1776年ロシアのエカチェリナ2世から宮廷楽長として招きを受け,84年まで同地にとどまった。その間に発表したのが,軽妙で劇的効果に富む《セビリャの理髪師》(1782)である。この曲は,のちにロッシーニが同一題材を取り上げるまで揺るぎのない名声を保った。事実ロッシーニは,多くの着想をパイジェロから受け継いでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

パイジェロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パイジェロの関連情報

関連キーワード

フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)ビバルディマリア・テレジア市川団蔵マリア・テレジアイワン6世シュレジエン戦争セルゲルマリア・テレジアロビンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation