@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

パイロット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パイロット
PILOT
万年筆をはじめとする筆記具メーカー。1918年並木製作所として発足。1927年シャープペンシルの製造を開始,1938年パイロット萬年筆と改称,国内外に次々と工場を建設し発展する。1989年社名をパイロットに改称。筆記具分野での新製品や情報末端入力ペンをはじめとするコンピュータ用品などの新分野開拓に取り組む。アルミ建材にも進出したが,撤退した。2002年パイロットグループホールディングスを設立,その子会社となる。2003年,パイロットグループホールディングスと合併し,社名をパイロットコーポレーションに改称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パイロット(pilot)
水先人(みずさきにん)。水先案内人。
航空機の操縦士。
ガスの種火。
パイロットランプ」の略。
試験的に行うもの。先行するもの。「パイロットフィルム」「パイロット版」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パイロット【pilot】
元来はの操舵者,水先案内人のであるが,今日では一般に航空機の操縦者を指すようになった。日本の航空法はパイロットの資格を定期運送用,上級事業用,事業用,自家用の4種に分け,さらにそれぞれの資格を操縦しうる航空機の種類によって限定している。例えば輸送事業用の運航では,定期運送用の資格を有するパイロットが原則としてほぼ全機種を操縦しうるのに対して,上級事業用操縦士は離陸重量1万3650kg以下の,また,事業用操縦士は5700kg以下の機種のみに限定されている(ただし副操縦士としてであればより大型の機種も操縦しうる)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パイロット【pilot】
航空機の操縦士。
ガス用の口火。
パイロットランプ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パイロット
ぱいろっと
pilot
水先人と航空機操縦士の呼称。主として航空機操縦士をさす。航空機乗組員のうち直接操縦桿(かん)を握る定期便の機長や副操縦士のほか、自家用機やヘリコプターの機長をいう。[松下正弘]

業務と資格

航空法で、パイロットの業務と資格が定められている。操縦資格を航空市場によって区分すると、定期航空では機長は定期運送用操縦士、副操縦士は事業用操縦士、産業航空ではおもに事業用操縦士、またスポーツ航空では自家用操縦士の免許が必要である。2004年(平成16)9月には航空機乗組員の年齢上限が65歳に引き上げられ、2012年3月には国際民間航空機関(ICAO(イカオ))で創設された准定期運送用操縦士の資格が、追加変更された。
 航路の確認や地上との連絡を行う航空士は、地上物標あるいは航空保安施設を利用できない洋上などを無着陸で550キロメートル以上飛行する場合、また無線設備の通信操作および技術操作を行う航空通信士は、無線設備を装備して飛行する場合、それぞれ乗り組ませなければならない。しかし慣性航法装置や通信技術の高度化により操縦士がそれらの業務内容を担えるようになったため、機長、副操縦士の2名乗務体制が一般化した。また国際線長距離路線の場合、操縦交代要員として2名以上の乗員が乗務している。[松下正弘]

技能証明

機長の資格要件は、定期運送用操縦士技能証明書、第一種の航空身体検査証明書、航空級無線通信士免許証をもち、かつ路線資格を有し、必要な飛行経験を備えていなければならない。また航空機の種類、等級、型式の異なる航空機を操縦操作する際は、限定変更(技能証明書に記載された限定事項の変更)をしなければならない。機長発令後も航空法第72条による定期的な技能審査と第33条による身体検査が年2回ある。そのほかに社内検査として運航気象条件の検査、飛行場資格検査もある。副操縦士は機長より制限や規制は少なく、身体検査と社内の定期操縦検査(訓練)が年1回ある。[松下正弘]

訓練

乗員養成には膨大な時間と経費がかかる。航空大学校での養成者がまにあわないときには、自衛隊からの移籍や自社養成が行われた。また航空輸送の高度成長期には定期航空各社は外国人運航乗務員を雇用し補ったが、日本航空は創業以来外国人の機長・副操縦士や航空機関士を雇用していた。訓練には基礎訓練、応用訓練、昇格訓練、機種移行訓練、定期訓練などがある。技量の保持と向上のための定期訓練にはシミュレーター(模擬飛行装置)が積極的に利用されている。これは実機に比べてコスト面や騒音対策上のメリットが大きいためである。実機による訓練には局地飛行訓練、野外飛行訓練、路線飛行訓練、緊急飛行訓練などがある。沖縄県の下地島(しもじじま)空港でのジェット機訓練のほか、各社とも国内、海外に訓練所を設けて実施している。この訓練後の審査(査察ともいう)は、国土交通省航空局の飛行審査官や、一定の資格を有する査察操縦士が行う。[松下正弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パイロット
〘名〙 (pilot)
① 水先案内人。先に立って導く人のたとえにもいう。〔外来語辞典(1914)〕
② 航空機の操縦士。
※レイテの雨(1948)〈大岡昇平〉「いづれもパイロットださうである」
③ ガス用の種火。
④ 「パイロットランプ」の略。
⑤ 試験的に行なうもの。「パイロット版」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パイロット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パイロットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation